学会各賞・林治助賞

各受賞者が以下のように決定されました!

<セルロース学会賞>
「セルロース熱分解の分子機構解明」

京都大学大学院 エネルギー科学研究科 河本 晴雄

 

<セルロース学会技術賞>

「TEMPO酸化セルロースナノファイバーの水性ゲルインクボールペンへの実用化」

第一工業製薬(株) 後居 洋介,神野 和人,野田 広司

三菱鉛筆(株) 竹内 容治,望月 千裕,坂根 範子,中田 有亮

 

「セルロースのアルカリ溶解技術の工業化と食品材料への展開」

オーミケンシ(株) 浅見 孝志、畑 欣宏

神戸女子大学 家政学部 山根 千弘

テクニオン–イスラエル工科大学 宮本 ひとみ

 

<セルロース学会奨励賞>

「セルロース繊維と無機ナノ材料の複合化による紙の新機能創発」

大阪大学 産業科学研究所 古賀 大尚

 

<セルロース学会功績賞>

「学会運営の活性化とセルロース誘導体のセメントコンクリート分野への普及活動に対する貢献」

さいたま市立常盤小学校・元信越化学工業(株) 早川 和良


平成28度セルロース学会林治助賞

 

「核磁気共鳴法によるセルロースおよび誘導体の精密構造・機能解析」

苫小牧工業高等専門学校 甲野 裕之

 

「Development of Cellulose as Smart Multifunctional Materials」

(セルロース系スマート機能材料開発)

韓国・仁荷大學校 金 才煥(キム ジェーワン)

 

「Investigation and Utilization of Cellulose Interfaces」

(セルロースの界面科学をベースにした応用展開)

フィンランド・Department of Bioproducts and Biosystems, School of Chemical Engineering, Aalto University

Eero Kontturi

 

「Mechanical Properties and Interfaces of Cellulosic Materials」

(セルロース系材料の力学物性と界面に関する研究)

英国・College of Engineering, Maths & Physical Sciences, University of Exeter

Stephen James Eichhorn

平成28年度セルロース学会賞・技術賞・奨励賞・功績賞ならびに林治助賞の推薦募集

平成28年度セルロース学会各賞ならびに林治助賞の推薦募集を下記の要領で行います。多数の方のご推薦をお待ちしております。

推薦募集期間:平成28年9月1日(木)~11月30日(水)

推薦方法:セルロース学会所定の推薦書にご記入、ご捺印の上、電子ファイルにて、下記のメールアドレスまでご提出下さい。また、主要業績6報(奨励賞の場合は3報)の電子ファイルも合わせて、ご提出お願いします。

※推薦書の書式が変更となっておりますので、最新版をダウンロードしてご使用ください。

問い合わせ先および送付先:

セルロース学会渉外担当 高野俊幸

Tel: 075-753-6254/Fax: 075-753-6300

e-mail: takatmys(@)kais.kyoto-u.ac.jp

(@)は@に変換して送信して下さい.

<セルロース学会賞>
「界面化学的アプローチによる機能性セルロース材料の創製」

 京都大学 化学研究所 辻井 敬亘
<セルロース学会技術賞>
 「多糖系耐溶剤型キラルカラムの開発および事業推進への貢献」

(株)ダイセル CPIカンパニー 大西 敦

(株)ダイセル CPIカンパニー 鏡原 泰宏

(株)ダイセル CPIカンパニー 濱崎 亮太
(株)ダイセル CPIカンパニー 村上達史

 <セルロース学会功績賞>
 「セルロースエステル誘導体の応用開発とセルロース学会活動への貢献」
 (株)ダイセル 柴田 徹
 <セルロース学会林治助賞>

「セルロース系基質の酵素糖化におけるリグニンの関与」
三重大学 大学院生物資源研究科 野中 寛

平成26年度セルロース学会各賞

 

  • セルロース学会賞

「分子シミュレーションによるセルロース誘導体の構造・物性に関する研究」

横浜国立大学 上田 一義(うえだ かずよし)

 

  • セルロース学会賞技術賞

「ベンベルグ生産技術の革新」

旭化成せんい株式会社 岡村 一(おかむら はじめ)

旭化成せんい株式会社 谷口 龍(たにぐち りゅう)

旭化成せんい株式会社 塩田 英治(しおた えいじ)

旭化成せんい株式会社 大野 勝則(おおの かつのり)

旭化成ケミカルズ株式会社 宮本 郁也(みやもと いくや)

 

  • セルロース学会賞奨励賞

「リグニン/セルロース系ナノ複合材料の創製と物性評価」

徳島文理大学 吾郷万里子(あごう まりこ)

 

「セルロース・キチンナノウイスカーの表面修飾による分散安定化とナノコンポジット材料の創製」

信州大学 荒木 潤(あらき じゅん)

 

 

 

平成26年度セルロース学会林治助賞

 

「酵素をプローブとしたバイオマスのミクロ構造とファインチューニング」

森林総合研究所 林 徳子(はやし のりこ)

学会賞 受賞一覧

年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成7年度セルロース結晶の基本構造とその生成機構空閑重則東京大学大学院農学生命科学研究科
セルロースの人工合成小林四郎東北大学大学院工学研究科
セルロースとその誘導体の溶液物性と分子特性斉藤政利旭北成工業㈱高分子科学研究所
平成8年度位置選択的置換誘導体をモデル化合物として用いるセルロース中の水素結合のキャラクタリゼーション近藤哲男農林水産省森林総合研究所
電子回折法による天然セルロースの結晶構造の研究杉山淳司京都大学木質科学研究所
グリコシル化における置換効果とセルロースの化学合成中坪文明京都大学大学院農学研究科
平成9年度セルロース系多糖を一成分とした高性能分子複合材料の構築と特性解析西尾嘉之東京農工大学工学部
天然および再生セルロースの結晶および非晶構造に関する研究平井諒子京都大学木質化学研究所
平成10年度セルロース系材料の化学的改質とその機構解析磯貝 明東京大学大学院農学生命科学研究科
高圧水蒸気によるセルロースの結晶構造の変化と繊維の形状記憶棚橋光彦岐阜大学農学部
平成11年度セルロースの生合成林隆久京都大学木質科学研究所
平成13年度セルロース誘導体の新規合成法の開発正田晋一郎東北大学大学院工学研究科
平成14年度セルロース分解性糸状菌が生産するセロビオース脱水素酵素の機能に関する研究鮫島正浩東京大学大学院農学生命科学研究科
平成15年度基質の構造から見たセルロースの酵素分解メカニズムの解析天野良彦信州大学工学部
固体NMR法を用いた天然セルロースの結晶構造解析恵良田知樹北海道大学大学院工学研究科
平成16年度セルロースエステルの機能発現と構造制御に関する研究柴田徹ダイセル化学工業セルロースカンパニー
平成17年度セルロースおよびセルロース誘導体の分子構造制御と機能との相関に関する研究岡島邦彦徳島文理大学・工・ナノ物質工学科
平成18年度セルロース結晶の力学特性とその環境調和型複合材料への応用に関する研究西野孝神戸大学大学院工学研究科
平成20年度セルロースおよび関連多糖を基材とした環境順応型高吸水性樹脂に関する研究吉村利夫福岡女子大学人間環境学部
平成21年度時間的・空間的に変調された磁場を用いたセルロース系材料の構造制御と固体構造解析への応用木村恒久京都大学大学院農学研究科
イオン液体との複合化によるセルロース及びその他の多糖からの新材料創製門川淳一鹿児島大学大学院理工学研究科
平成23年度セルロースの固体構造と物性に関する研究和田昌久東京大学大学院農学生命科学研究科
平成24年度単分子可視化技術を用いた結晶性セルロース酵素分解機構の解明五十嵐圭日子東京大学大学院農学生命科学研究科
非水系酵素反応による糖鎖合成と糖鎖系バイオインターフェース材料の研究北岡卓也九州大学大学院農学研究院
平成25年度粉砕処理を基盤としたセルロース系原料の改質・高付加価値化技術に関する研究遠藤 貴士産業技術総合研究所 バイオマスリファイナリー研究センター
平成26年度分子シミュレーションによるセルロース誘導体の構造・物性に関する研究上田 一義横浜国立大学
平成27年度界面化学的アプローチによる機能性セルロース材料の創製辻井 敬亘京都大学 化学研究所
平成28年度セルロース熱分解の分子機構解明河本 晴雄京都大学大学院 エネルギー科学研究科

 

年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成7年度   技術賞酢酸セルロースの生産技術革新山下充ダイセル化学工業(株)生産技術センター
清瀬篤信
森川康久
平成7年度   技術特別賞綿100%東洋紡ミラクルケアの開発伊藤博東洋紡績(株)テキスタイル加工開発部
山岸正弘
岩田功
安部俊三東洋紡績(株)総合研究所
セルロース繊維の形態安定加工技術と応用商品の開発柳内雄一日清紡績美合工場研究所
大場正義
平成8年度高誘電ポリマーの開発と工業化恩田吉朗信越化学工業(株)有機合成事業部事業部長室
鈴木宏始信越化学工業(株)直江津工場生産管理部
谷岡荘治信越化学工業(株)有機合成事業部 セルロース部
福井育生信越化学工業(株)合成技術研究所研究部開発室
酵素処理による超ミクロ捲縮アセテート繊維の開発山崎睦生三菱レイヨン(株)商品開発研究所
野中 孝三菱レイヨン((株)中央研究所
堂前和弘三菱レイヨン(株)北陸営業所
平成9年度新規なセルロース誘導体の開発野村忠範旭化成工業(株)化成品技術センター化成品技術第三部
上田育雄旭化成工業(株)延岡支社サラン工場
浜津高夫旭化成工業(株)化成品技術センター化成品技術第三部
福留和広旭化成工業((株)延岡支社化成品東海製造部
廣瀬淳一旭化成工業(株)延岡支社化成品東海製造部
発泡セルロ-ス粒子「ビスコパール」の開発藤田真夫レンゴー(株)福井研究所第二研究室
谷口晃一レンゴ-(株)福井研究所第二研究室
廣濱秀次レンゴー(株)福井研究所第二研究室
亀井清レンゴー(株)福井研究所第二研究室
平成10年度ゼロアスベスト押出成形建材用セルロース系バインターの開発中村紳一郎信越化学工業(株)直江津工場 第三製造部
田村 行雄信越化学工業(株)SILICA PRODUCTS社出向
畑山 厚司信越化学工業(株)合成技術研究所
早川 和久信越化学工業(株)合成技術研究所
浄水処理用酢酸セルロース中空糸膜モジュールの開発中塚 修志ダイセル化学工業(株)総合研究所
中手 一郎ダイセル化学工業(株)生産技術センター
阿瀬 智暢ダイセン・メンブレン・システムズ(株)東京本社
熊見 和久ダイセン・メンブレン・システムズ(株)堺製造所
平成11年度ウィルス除去フィルター(プラノバ)の開発真鍋征一福岡女子大学人間環境学部
野田壽昭旭化成工業(株)プラノバ工場
井出正一
生分解性アセテート発泡体の開発森裕之帝人(株)産業資材開発センター
吉田誠Teijin Unitika Spunbond(Thailand)Co.,Ltd
篠田明宏鈴木総業(株)技術本部
平成12年度透明セルロースハイドロゲル(TCG)の開発小野博文旭化成(株)中央技術研究所第一研究部
蔦谷芳彦旭化成(株)知的財産部技術情報センター
平成14年度セルロース系繊維の新規形態安定法 “J-Wash ”大島直久東海染工(株)開発技術部
武藤真理子
山田稔
伊藤高廣東海染工(株)浜松事業所
平成15年度カルボキシメチルセルロース(CMC)を用いた新しいウェットエンドシステム渡辺正介王子製紙(株)製紙技術研究所
権藤知久
北尾修
平成16年度セルロース系有機‐無機複合材料「セルガイア」杉山公寿レンゴー中央研究所 新素材研究グループ
橋本直晃
宇都宮孝昭
平成18年度ゼロレターデーションタック「富士フィルムZ-タック」の開発伊藤忠富士フィルム(株)フラットパネルディスプレー材料研究所
中山元
安田知一富士フィルム(株)有機合成化学研究所
足立敦富士フィルム(株)神奈川工場 TACフィルム生産部
島本周ダイセル化学工業(株)セルロース開発センター
平成20年度低分子タンパク除去型セルローストリアセテート透析膜の開発相良誉仁東洋紡績株式会社
富田和明
馬淵公洋
平成21年度セルロース繊維強化樹脂「セルブレン」の開発坂本英明ダイセルポリマー(株)
小邦稔夫
相根弘
今西慎一郎
全熱交換素子用セルロース透湿膜田嶋宏邦レンゴー(株)
築田憲明
宮腰文雄
石黒高弘
平成24年度環境適合型難燃性セルロース樹脂コンポジットの開発と実用化八百健二富士ゼロックス(株)
大越雅之富士ゼロックス(株)
坂本英明ダイセルポリマー(株)
今西慎一郎(株)ダイセル
澤井大輔富士フイルム(株)
セルロースフィルターを利用した高感度・高精度なPCBバイオセンサーの開発今西克也(株)住化分析センター
吉田寧子(株)住化分析センター
野口貴史(株)住化分析センター
大村直也(財)電力中央研究所
佐々木和裕(財)電力中央研究所
平成26年度ベンベルグ生産技術の革新岡村 一旭化成せんい(株)
谷口 龍
塩田 英治
大野 勝則
宮本 郁也旭化成ケミカルズ(株)
平成27年度多糖系耐溶剤型キラルカラムの開発および事業推進への貢献大西 敦(株)ダイセル CPIカンパニー
鏡原 泰宏
濱崎 亮太
村上達史
平成28年度TEMPO酸化セルロースナノファイバーの水性ゲルインクボールペンへの実用化後居 洋介第一工業製薬(株)
神野 和人
野田 広司
竹内 容治三菱鉛筆(株)
望月 千裕
坂根 範子
中田 有亮
セルロースのアルカリ溶解技術の工業化と食品材料への展開浅見 孝志オーミケンシ(株)
畑 欣宏
山根 千弘神戸女子大学 家政学部
宮本 ひとみテクニオン–イスラエル工科大学
年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成12年度新規セルロース系成形材料の開発研究遠藤貴士(独)産業技術総合研究所海洋資源環境部門
平成13年度セルロース合成酵素の特質解明とセルロース構造の多様性木村 聡(独)森林総合研究所
平成14年度セルロース結晶の熱膨張と変態機構のX線回折による研究和田昌久東京大学大学院農学生命科学研究科
小角X線散乱法による糖鎖類の構造解析に関する研究湯口宜明(独)産業技術総合研究所
平成15年度ファミリー2糖転移酵素における合成方向―キチンからのアプローチ今井友也京都大学大学院理学研究科
平成16年度セルロース繊維材料の機能開発に関する研究北岡卓也九州大学大学院農学研究院
セルロース誘導体および関連多糖をベースとするポリマーブレンドの相溶性と分子間相互作用宮下美晴茨城工業高等専門学校
平成17年度セルロース系素材の高機能化を志向した新規な複合水熱技術の開発佐々木満熊本大学大学院自然科学研究科
平成18年度固液界面におけるセルラーゼの反応速度論的解析五十嵐圭日子東京大学大学院農学生命科学研究科
平成20年度ジブロック構造を有するセルロースおよびセロオリゴ糖誘導体の新規合成法の開発上高原 浩京都大学大学院農学研究科
平成23年度セルロース系多糖誘導体の分子複合化と分子凝集構造制御による機能材料の設計寺本好邦京都大学大学院農学研究科
平成24年度赤外・近赤外分光法を用いたセルロース・バイオマスの構造評価に関する研究堀川祥生京都大学生存圏研究所
平成25年度キチンナノファイバーの製造および表面改質とその物性・機能性の評価伊福 伸介鳥取大学大学院工学研究科
平成26年度リグニン/セルロース系ナノ複合材料の創製と物性評価吾郷万里子徳島文理大学
セルロース・キチンナノウイスカーの表面修飾による分散安定化とナノコンポジット材料の創製荒木 潤信州大学
平成28年度セルロース繊維と無機ナノ材料の複合化による紙の新機能創発古賀 大尚大阪大学 産業科学研究所
年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成12年度セルロース学会の発足と発展に対する貢献宮本武明松江工業高等専門学校
セルロースの分子特性とその工業的応用の研究上出健二奈良産業大学経済学部
平成13年度セルロース研究の振興とセルロース学会設立への貢献山岸和夫アサヌマコーポレーション(株)     (株)むさし野研究所
平成14年度セルロース科学の基礎研究・研究者育成ならびにセルロース学会の基盤確立に対する貢献岡野健(財)日本木材総合情報センター
平成18年度セルロース誘導体の溶液物性及びGPCによる分子量測定と工業的応用に関する研究加藤忠哉(財)三重県産業支援センター地域結集型共同研究推進チーム研究統括
平成19年度天然セルロースの構造研究およびセルロース学会の国際化と発展に対する貢献堀井文敬京都大学名誉教授
平成21年度産学間でのセルロース誘導体類の展開と普及の活動恩田吉朗(株)あの津技研
平成22年度有機合成化学的アプローチによるセルロースに関する研究およびセルロース学会と糖質関連学会との連携強化に対する貢献中坪文明京都大学生存圏研究所
平成25年度透過分離機能膜の研究による学会並びに支部活動の活性化への貢献浦上 忠関西大学
セルロースの酵素分解研究の進展とセルロース学会および支部設立への貢献神田 鷹久信州大学
平成27年度セルロースエステル誘導体の応用開発とセルロース学会活動への貢献柴田 徹(株)ダイセル
平成28年度学会運営の活性化とセルロース誘導体のセメントコンクリート分野への普及活動に対する貢献早川 和良さいたま市立常盤小学校・元信越化学工業(株)
年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成13年度糖鎖の合成ならびに分解における分子極性の可視化杉山淳司京都大学木質科学研究所
セルロースの結晶構造およびマーセル化機構の解明と新規セルロース材料の開発Hans-Peter Finkフラウンホーファー研究機構 高分子応用研究所
平成14年度環境適合型新規再生セルロース調整法の確立と工業化技術への展開山根千弘旭化成(株)
平成15年度酢酸パルプ化リグノセルロースの特性と応用浦木康光北海道大学大学院農学研究科
平成16年度セルロースミクロフィブリルを用いた高機能ナノコンポジットの創製矢野浩之京都大学生存圏研究所
平成18年度天然セルロース繊維のアルカリ膨潤挙動ならびに微細構造金南勲江原大学校山林環境科学大学林産工学科
Isolation and identification of chromophores on cellulosic materialsThomas RosenauDepartment of Chemistry, University of Natural Resources and Applied Life Sciences
平成20年度Wood biomass refinery and utilization of refined componentsJohn F.KadlaWood Science Department, University of British Columbia
平成21年度バクテリアセルロースの合成機構解明とその応用に関する研究田島健次北海道大学大学院工学研究科
平成23年度セルロース結晶多形の構造精密化西山義春フランス国立科学研究所
Advanced cellulose analytics-Profiling of oxidized groups in cellulosics and its application in conservation scienceAntje PotthastUniversity of Natural Resources and Applied Life Science(BOKU)
Development of Analytical Methods for the Study of Cellulose using Molecular Dynamics Simulations and their Application to the Analysis of the Biodegradation Mechanism of Cellulose (分子シミュレーションによるセルロース解析手法の確立とその生分解機構解析への展開)Jhon Woodbury BradyDepartment of Food Science, Cornell University
平成25年度有限結晶モデル法によるセルロースI型およびIIII型結晶構造の計算化学研究湯井 敏文宮崎大学工学部環境応用化学科
平成26年度酵素をプローブとしたバイオマスのミクロ構造とファインチューニング林 徳子森林総合研究所
平成27年度セルロース系基質の酵素糖化におけるリグニンの関与野中 寛三重大学 大学院生物資源研究科
平成28年度核磁気共鳴法によるセルロースおよび誘導体の精密構造・機能解析甲野 裕之苫小牧工業高等専門学校
Development of Cellulose as Smart Multifunctional Materials(セルロース系スマート機能材料開発)金 才煥(キム ジェーワン)韓国・仁荷大學校
Investigation and Utilization of Cellulose Interfaces(セルロースの界面科学をベースにした応用展開)Eero Kontturiフィンランド・Department of Bioproducts and Biosystems, School of Chemical Engineering, Aalto University
Mechanical Properties and Interfaces of Cellulosic Materials(セルロース系材料の力学物性と界面に関する研究)Stephen James Eichhorn英国・College of Engineering, Maths & Physical Sciences, University of Exeter

セルロース学会林治助賞基金運用規程

(平成13年8月20日理事会決定)

(平成17年7月22日理事会改正)

(平成27年7月10日理事会改正)

 

 

第1条     本基金は、セルロース学会林治助賞(以下林治助賞賞と略す)運用基金と称する

 

第2条     本基金は、セルロース学会設立にあたっての功労者である林治助北海道大学名誉教授のセルロース学会への寄付金をもってその元となし、セルロースの科学と技術の発展に顕著な貢献を為している国内外の気鋭の研究者を広く顕彰することを目的とする。なお、上記貢献には国際交流上の諸活動への尽力も含まれる。

 

第3条     本基金の運用に関する責任は、セルロース学会理事会がこれを負う。

 

第4条     林治助賞選考委員(以下選考委員会と略す)

1.選考委員会は、セルロース学会会長が選任した同理事若干名をもってこれを構成する。

2.選考委員会には選考委員長をおく。

3.選考委員会委員の任期は1年とし、再任はこれを妨げない。

4.選考委員会は、毎年度原則として2名以内の林治助賞候補者を選出し、セルロース学会会長に報告する。

 

第5条     林治助賞受賞者は、選考委員会より推挙された候補者を元にして、セルロース学会理事会によりこれを決定する。

 

第6条     セルロース学会理事会は、原則として林治助先生ご遺族に本基金の毎年度の使途・明細を報告する。

 

第7条     本運用規程の変更はセルロース学会理事会の議を経て行う。

 

附 則     この規程は、平成13年8月20日から施行する。

附 則     この規程は、平成17年7月22日から施行する。

附 則     この規程は、平成27年7月10日から施行する。