この記事を印刷 この記事を印刷

林治助賞 受賞一覧

年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成13年度糖鎖の合成ならびに分解における分子極性の可視化杉山淳司京都大学木質科学研究所
セルロースの結晶構造およびマーセル化機構の解明と新規セルロース材料の開発Hans-Peter Finkフラウンホーファー研究機構 高分子応用研究所
平成14年度環境適合型新規再生セルロース調整法の確立と工業化技術への展開山根千弘旭化成(株)
平成15年度酢酸パルプ化リグノセルロースの特性と応用浦木康光北海道大学大学院農学研究科
平成16年度セルロースミクロフィブリルを用いた高機能ナノコンポジットの創製矢野浩之京都大学生存圏研究所
平成18年度天然セルロース繊維のアルカリ膨潤挙動ならびに微細構造金南勲江原大学校山林環境科学大学林産工学科
Isolation and identification of chromophores on cellulosic materialsThomas RosenauDepartment of Chemistry, University of Natural Resources and Applied Life Sciences
平成20年度Wood biomass refinery and utilization of refined componentsJohn F.KadlaWood Science Department, University of British Columbia
平成21年度バクテリアセルロースの合成機構解明とその応用に関する研究田島健次北海道大学大学院工学研究科
平成23年度セルロース結晶多形の構造精密化西山義春フランス国立科学研究所
Advanced cellulose analytics-Profiling of oxidized groups in cellulosics and its application in conservation scienceAntje PotthastUniversity of Natural Resources and Applied Life Science(BOKU)
Development of Analytical Methods for the Study of Cellulose using Molecular Dynamics Simulations and their Application to the Analysis of the Biodegradation Mechanism of Cellulose (分子シミュレーションによるセルロース解析手法の確立とその生分解機構解析への展開)Jhon Woodbury BradyDepartment of Food Science, Cornell University
平成25年度有限結晶モデル法によるセルロースI型およびIIII型結晶構造の計算化学研究湯井 敏文宮崎大学工学部環境応用化学科
平成26年度酵素をプローブとしたバイオマスのミクロ構造とファインチューニング林 徳子森林総合研究所
平成27年度セルロース系基質の酵素糖化におけるリグニンの関与野中 寛三重大学 大学院生物資源研究科
平成28年度核磁気共鳴法によるセルロースおよび誘導体の精密構造・機能解析甲野 裕之苫小牧工業高等専門学校
Development of Cellulose as Smart Multifunctional Materials(セルロース系スマート機能材料開発)金 才煥(キム ジェーワン)韓国・仁荷大學校
Investigation and Utilization of Cellulose Interfaces(セルロースの界面科学をベースにした応用展開)Eero Kontturiフィンランド・Department of Bioproducts and Biosystems, School of Chemical Engineering, Aalto University
Mechanical Properties and Interfaces of Cellulosic Materials(セルロース系材料の力学物性と界面に関する研究)Stephen James Eichhorn英国・College of Engineering, Maths & Physical Sciences, University of Exeter