この記事を印刷 この記事を印刷

表彰規程

セルロース学会表彰規程

(平成8年1月10日理事会決定)

(平成8年9月2日理事会改正)

(平成12年7月13日理事会改正)

 

第1条       (総則) セルロース学会は、本会の賞を設け、本規程によって本会会員に授与する。

 

第2条       (セルロース学会の賞の種類)次の4種の賞とし、毎年1回表彰する。

1.学会賞 賞状並びに記念品

2.技術賞 賞状並びに記念品

3.功績賞 賞状並びに記念品

4.奨励賞 賞状並びに記念品

 

第3条       (学会賞)学会賞は、セルロース及びその関連物質に関して独創的で優秀な研究を行い、さらに今後の研究の発展が期待される会員に授与する。

 

第4条       (技術賞)技術賞は、セルロース及びその関連物質に関する技術について、優秀な研究、開発または発明を行い、セルロース関連の工業の発展に貢献した会員または会員を含むグループに授与する。

 

第5条       (功績賞)功績賞は、セルロース学会の発展、セルロース関連の研究、教育、産業発展に対して貢献・功績のあった会員に授与する。

 

第6条       (奨励賞)奨励賞は、セルロース及びその関連物質に関して独創的で優秀な研究を行い、さらに今後の発展が期待される若手会員に対して授与する。

 

第7条       (表彰の件数)学会の賞の表彰件数は原則として毎年各2件以内とする。

 

第8条       (選考委員会)受賞候補者選考のため、セルロース学会・賞選考委員会を設ける。委員は理事会が選定し、会長が委嘱する。

 

第9条       (受賞候補者の推薦)会員(賛助会員を含む)は、受賞候補者として適当と思う者を、選考委員会に推薦することができる。この場合は、自薦も認められる。

 

第10条   (受賞の決定)選考委員会は、受賞候補者を選考し、会長に報告する。会長は理事会の議決により受賞を決定する。

 

第11条   (本規程の変更)本規程の変更は理事会の議を経て行う。

 

附 則   この規程は、平成8年1月10日より施行する。

附 則   この規程は、平成8年9月2日より施行する。

附 則   この規程は、平成12年7月14日より施行する。