この記事を印刷 この記事を印刷

セルロース学会関東支部ミニシンポジウム 2015/9/4開催

セルロース学会関東支部ミニシンポジウム
セルロース素材の新展開
‐セルロースの未来を拓く若手研究者達Ⅱ‐
 昨年、関東支部では「セルロースの未来を拓く若手研究者達」と銘打って、新進気鋭の若手の方々にご講演いただき、好評を博しました。優秀な若手が集まる関東支部において、たった一回ではご紹介しきれていない、という意見も多く、そこで、今年も様々の分野でご活躍中の若手研究者をお招きし、新しい見地からのセルロース研究について大いに語って頂く場を持ちたいと存じます。互いに刺激を受け合えるよい機会になることを願っています。皆様どうぞご参集ください。
日 時:2015年 9月4日(金)13時―19時(講演、懇親会)
場 所:講演会:中島董一郎記念ホール(東京大学農学部フードサイエンス棟2F)、懇親会:東京大学農学部生協食堂
(地下鉄丸ノ内線/大江戸線 本郷三丁目駅から徒歩5分、地下鉄千代田線 根津駅から15分、地下鉄南北線 東大前駅から徒歩10分)
講演:
13:00‐13:05開会挨拶
13:05‐13:45荒木 潤(信州大院工) セルロース・キチンナノウィスカーの分散安定性(仮)
13:45‐14:25金野尚武(宇大農)菌類の細胞壁多糖”β-1,3/1,6-グルカン”を活用した機能性材料開発
14:25‐15:05早川大地(北里大薬)セルローストリアセテートフィルムの構造と複屈折に関する計算化学的検討
休憩 10分
15:15‐15:55廣木章博(原研)ヒドロキシプロピルセルロースを用いたゲル線量計の開発
15:55‐16:35田中修吉(NEC&東大院農)高機能カルダノール付加セルロース系バイオプラスチックとその不均一合成における反応溶媒種の影響
16:35‐17:15砂川直輝(東大院農)メタノール資化性酵母Pichia pastorisを用いたセルロース合成酵素発現
  17:15‐17:20  閉会挨拶
懇親会(東京大学農学部生協食堂)17:30-19:00
【参加申込要領】
 参加ご希望の方は8月28日(金)までに下記にお申込みください。参加費、懇親会費は、直接会場にてお支払い下さい。当日12時から受け付けます。
連絡先: 森林総合研究所 戸川英二togawaeアットマークffpri.affrc.go.jp

(アットマークを@に替えてください)

【参加費】
参加費:事前申し込み 会員 3,000円、非会員 4,000円 学生 0円
懇親会参加費:事前申し込み 一般 3,000円、学生 1,000円
当日申し込みはすべて1,000円増しになります。学生の参加費は当日も無料です。