この記事を印刷 この記事を印刷

詳細決定! 【関西支部】若手セミナー2013 in 鳥取 「生体高分子利用の最前線」

詳細決定!

 恒例となりました関西支部主催の若手セミナーも今年で第9回を数えます。今年はセルロース以外の多糖類あるいは生体高分子にも目を向けて、セルロースの特徴を再確認することにより、セルロースの素材としての役割、将来について考えてみたいと思います。

今回の施設見学は、国内で唯一の乾燥地研究を行う組織、「鳥取大学乾燥地研究センター」を訪問し、砂漠や干ばつなどの問題に対する取組みを紹介して頂きます。また、鳥取砂丘のツアーも企画しています。特別講演では多糖類やその他の生体高分子利用の最前線で活躍されている先生方のご講演を予定しています。恒例のグループディスカッションも企画しております。お忙しい日常業務の手を休め、鳥取の味覚や地酒を楽しみながら、関連多糖類や生体高分子の研究動向を踏まえて、改めてセルロースの利用を見直してみる有意義な時間を過ごしてみませんか。

本セミナーではおなじみの言葉ですが、若手の定義は「向学(好奇)心旺盛な人」のことで、年齢は問いません。奮ってのご参加をお待ちしております。

案内チラシはこちら

日 程:11月15日(金)、16日(土)

宿 泊:白兎会館(JR鳥取駅より徒歩10分)

URL: http://www.hakutokaikan.com/

見学会:鳥取砂丘 鳥取大学乾燥地研究センター

URL: http://www.alrc.tottori-u.ac.jp/japanese/guide/index.html

プログラム(予定)

11月15日(金)

12:30~   白兎会館集合
13:40~   鳥取砂丘ツアー
15:30~   乾燥地研究センター見学
16:30~   特別講演1:井上光弘先生(鳥取大学乾燥地研究センター特任教授)
......「持続的農業のための水・土壌資源の利用と技術-乾燥地の発展を目指して-」
17:10~   特別講演2:松浦和則先生(鳥取大学工学研究科・教授)
......「ウイルスの自己集合を模倣したペプチドナノ材料の開拓」
18:10~   白兎会館チェックイン
18:30~   夕食(宴会場 穂高)
20:30~    入浴(温泉です)、懇親会

11月16日(土)

9:00~     特別講演3:南三郎先生(鳥取大学獣医学科名誉教授、キチンキトサン学会会長)
......「生物性悪説」
9:40~     グループディスカッション
13:30  解散

参加費:      20,000円(一般)  10,000円(学生)(宿泊費を含む)

申込期限: 2013年10月15日(火)10月31日(木)

申込先:      関西支部 今井友也 E-mail: timai(@)rish.kyoto-u.ac.jp
※(@)は@に替えて送信して下さい.

①お名前、②申込種別(一般または学生)、③所属、④連絡先を記載の上、上記あての電子メールにてお申し込みください。件名は「2013若手セミナー申込」でお願いします。

お問い合わせ先:関西支部 伊福伸介 E-mail: sifuku(@)chem.tottori-u.ac.jp
※(@)は@に替えて送信して下さい.