2016年 4月

第83回紙パルプ研究発表会

 

主催:紙パルプ技術協会

後援:セルロース学会,日本木材学会

開催日:平成28年6月22日(水)・23日(木)

会場:東京大学弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1)

発表分野:ナノセルロース,機能紙・機能材料,木材化学,パルプ・紙,古紙・リサイクル,環境,保存,林木育種・バイオテクノロジー,塗工,分析・試験

発表形式:口頭29件,ポスター14件

(講演プログラムは紙パルプ技術協会HP(http://www.japantappi.org)からご覧いただけます。

特別講演:6月22日(水)
IoT時代を支えるフレキシブルシート型センサの開発
~紙の価値を活かした次世代センサの応用展開~

大阪大学 産業科学研究所 教授 関谷 毅 殿

6月23日(木)

TEMPO酸化セルロースの特性と機能

東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授 磯貝 明

参加費:6,500円(会員),8,500円(非会員),懇親会費は別途(5,000円)

申込み方法:紙パルプ技術協会のHP(http://www.japantappi.org)参加者募集からお申込み下さい。

問合せ先:紙パルプ技術協会

〒104-8139 東京都中央区銀座3-9-11(紙パルプ会館11階)

TEL:03-3248-4841,FAX:03-3248-4843

第64回レオロジー討論会の講演募集

 

第64回レオロジー討論会は,日本バイオレオロジー学会と共同主催で,井上正志教授(大阪大学)を実行委員長として,2016年10月28日(金)~30日(日)の3日間,大阪大学豊中キャンパスにおいて開催します.レオロジー一般及び下記のテーマに関する講演を募集します.討論会に適した内容であれば既発表の研究を含んでもかまいません.奮ってご参加下さい.

 

主催:日本レオロジー学会, 日本バイオレオロジー学会

 

共催:日本材料学会,プラスチック成形加工学会

 

協賛:高分子学会,日本化学会,日本物理学会,繊維学会,応用物理学会,化学工学会,強化プラスチック協会,日本ゴム協会,日本接着学会,日本セラミックス協会,日本木材学会,紙パルプ技術協会,セルロース学会,日本機械学会,日本雪氷学会,日本混相流学会,日本流体力学会,可視化情報学会,日本農芸化学会,日本食品科学工学会,日本家政学会,日本調理科学会,日本食品工学会,日本繊維機械学会

(共催,協賛ともに依頼中)

 

期日:2016年10月28日(金)~30日(日)

 

会場:大阪大学豊中キャンパス

 

講演申込:学会ホームページよりお申込みください.https://goo.gl/sTegk6

または講演題目,オーガナイズドセッションテーマ名,発表の種類(口頭あるいはポスター),研究者氏名 (連名の場合講演者に○印,連名者全員の所属も記入),勤務先,連絡先,100 字程度の概要を1題ごとに,メールでお申込み下さい.

 

1件あたりの講演時間は15~20分,討論5~10分を予定しています.講演の採否,プログラム編成は実行委員会に御一任下さい.

 

講演申込締切:2016年6月30日(木)

 

要旨集原稿提出締切:2016年8月31日(水)必着

執筆要領は6月下旬ホームページに掲載いたします

 

申込先:一般社団法人 日本レオロジー学会

〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク6号館3F

TEL: 075-315-8687,E-mail: office@srj.or.jp

 

特別企画1:バイオレオロジー・リサーチ・フォーラム

 

オーガナイズドセッション(予定):

1.高分子液体のレオロジー

  1. 高分子固体のレオロジー
  2. 非ニュートン流体力学
  3. 表面界面のレオロジー
  4. ER・MR流体及び液晶のレオロジー
  5. ゲル・エラストマーのレオロジー
  6. 生体由来物質・食物のレオロジー
  7. バイオレオロジー(医学関連のレオロジー)
  8. ミクロ・ナノおよび分子レオロジー
  9. 分散系・セラミックス関連のレオロジー
  10. 機能性材料・成形加工のレオロジー
  11. サイコレオロジー(含化粧品関連のレオロジー)

 

【Important days】

講演申込締切     2016年6月30日(木)

要旨原稿提出締切 2016年8月31日(水)厳守

冊子体要旨集申込 2016年9月9日(金)17時

事前参加申込締切 2016年10月17日(月)17時

 

 

第30回日本キチン・キトサン学会大会 開催案内

 

主 催:日本キチン・キトサン学会

共 催:日本化学会、日本生化学会、日本生物工学会

協 賛:キトサン工業会、高分子学会、セルロース学会、繊維学会、日本栄養・食糧学会、日本応用糖質科学会、日本吸着学会、日本食物繊維学会、日本水産学会、日本DDS学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、日本バイオマテリアル学会、日本膜学会、日本薬学会、ファンクショナルフード学会(50音順・予定含む)

会 期:2016年8月18日(木)~19日(金)

会 場: ウエスタ川越 (1F 多目的ホール)

〒350-1123 埼玉県川越市新宿町1-17-17 Tel 049-249-3777

 

参加費:本会正会員および共催・協賛学会会員4,000円(当日受付5,000円)

本会学生会員2,000円(当日受付3,000円)

一般参加者5,000円(当日受付6,000円)

要旨集:4,000円(本会会員には事前配布)

懇親会:8月18日(木)18:30~20:30 ウエスタ川越

会費 正会員 8,000円(当日受付10,000円)

学生会員3,000円(当日受付4,000円)

 

プログラム

第1日目

・特別講演1

「海洋資源の普及に伴う新たな市場開発~キチン・キトサンの海外展開を見据えたハラルへの理解~(仮)」杉林堅次(城西大学副学長・教授)

・特別講演2

「海洋生物の繁栄戦略とキチナーゼ(仮)」松宮政弘(日本大学生物資源科学部教授)

・特別セッション1

「キチン・キトサンと医用分野との接点」

演者:大西 啓(星薬科大学)、服部秀美(防衛医科大学校)、徳留嘉寛(城西大学薬学部)

・一般講演1

・ポスター発表(コアタイム)

 

第2日目

・特別セッション2

「機能性素材としてのキチン・キトサン研究の新展開」
演者:五十嵐 庸(順天堂大学医学部)、東 和生(鳥取大学農学部)、長田光正(信州大学繊維学部)、野村義宏(東京農工大学農学部)

・一般講演2

・ポスター発表

 

運営委員

委員長:和田政裕(城西大学)

委員:中谷祥恵(城西大学)、榎本光一(城西大学)、古旗賢二(城西大学)、清水純(城西大学)、石原雅之(防衛医科大学校)、服部秀美(防衛医科大学校)、松宮政弘(日本大学)、滝口泰之(千葉工業大学)、戸谷一英(一関工業高等専門学校)、長田光正(信州大学)、藤井保(川研ファインケミカル)、伊東豊文(川研ファインケミカル)、高森吉守(甲陽ケミカル)、澤田陽子(アサヒグループ食品)、前崎祐二(日本化薬フードテクノ)、山下和彦(ヤヱガキ醗酵技研)

 

*参加申込、プログラム等、詳細については、日本キチン・キトサン学会ホームページ(http://jscc.kenkyuukai.jp)を参照ください。