2017年 6月

セルロース学会第24回年次大会(岐阜,2017/7/13-14)の講演プログラムを更新しましたので,ご確認ください(6月28日更新しました)。事前参加受付は終了しましたが,当日受付も行っております。皆様のお越しをお待ちしております。

岐阜大学へのアクセス(シャトルバス,両日朝)について

■バスの発車場所:「JR岐阜駅北口「じゅうろくプラザ」前 団体バス乗降場」。プラカードを持った案内員がおりますので,適宜お尋ねください。

■平成29年7月13日(木)および 7月14日(金) 大型バス(53~60人乗り) 各日4台
-はじめの3台: 8:00より,満席になり次第,順次発車します(所要時間約30分)。
-最後の1台: 1台目のバスが戻ってきて,再度岐阜大学に向かいます。恐れ入りますが,9時以降の発車になる見込みです。

*朝,岐阜大学行きの公共交通機関(バス)は大変混雑しますので,シャトルバスのご利用が便利です。
*上記以外の時間帯にお越しの方は,バスまたはタクシーをご利用ください。詳細は年次大会のページで

各受賞者が以下のように決定されました!

<セルロース学会賞>
「セルロース熱分解の分子機構解明」

京都大学大学院 エネルギー科学研究科 河本 晴雄

 

<セルロース学会技術賞>

「TEMPO酸化セルロースナノファイバーの水性ゲルインクボールペンへの実用化」

第一工業製薬(株) 後居 洋介,神野 和人,野田 広司

三菱鉛筆(株) 竹内 容治,望月 千裕,坂根 範子,中田 有亮

 

「セルロースのアルカリ溶解技術の工業化と食品材料への展開」

オーミケンシ(株) 浅見 孝志、畑 欣宏

神戸女子大学 家政学部 山根 千弘

テクニオン–イスラエル工科大学 宮本 ひとみ

 

<セルロース学会奨励賞>

「セルロース繊維と無機ナノ材料の複合化による紙の新機能創発」

大阪大学 産業科学研究所 古賀 大尚

 

<セルロース学会功績賞>

「学会運営の活性化とセルロース誘導体のセメントコンクリート分野への普及活動に対する貢献」

さいたま市立常盤小学校・元信越化学工業(株) 早川 和良


平成28度セルロース学会林治助賞

 

「核磁気共鳴法によるセルロースおよび誘導体の精密構造・機能解析」

苫小牧工業高等専門学校 甲野 裕之

 

「Development of Cellulose as Smart Multifunctional Materials」

(セルロース系スマート機能材料開発)

韓国・仁荷大學校 金 才煥(キム ジェーワン)

 

「Investigation and Utilization of Cellulose Interfaces」

(セルロースの界面科学をベースにした応用展開)

フィンランド・Department of Bioproducts and Biosystems, School of Chemical Engineering, Aalto University

Eero Kontturi

 

「Mechanical Properties and Interfaces of Cellulosic Materials」

(セルロース系材料の力学物性と界面に関する研究)

英国・College of Engineering, Maths & Physical Sciences, University of Exeter

Stephen James Eichhorn

セルロース学会東海支部 第12回講演見学会

『リグノセルロースと響き合う新技術』


静岡県西部にあるヤマハ株式会社の掛川工場と豊岡工場を訪れ、リグノセルロースから「楽器」が生まれる現場を見学していただきます。見学会の後、2名の講師の先生方から、音楽に関わる最新材料開発についてご講演いただきます。研究開発から製造工程までを一貫して体験できる貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。


主催:セルロース学会東海支部

日時:2017年9月11日(月) 9:45–17:15

集合:9:45 JR掛川駅(集合場所の詳細は参加申込者に後日別途ご連絡いたします。)

参加費:セルロース学会会員:2,000円、非会員:3,000円、学生:500円

定員:30名

プログラム:

9:45 JR掛川駅集合

9:45– 9:55 バス移動(ヤマハ株式会社掛川工場へ)

10:00–11:30 ヤマハ株式会社掛川工場(ピアノ工場)見学

11:30–13:00 バス移動(ヤマハ株式会社豊岡工場へ)

13:00–13:30 昼食(バス車内)

13:30–15:00 ヤマハ株式会社豊岡工場(管楽器工場)見学

15:10–16:30 講演会

講演1:15:10–15:50

鈴木克典 博士(ヤマハ株式会社研究開発統括部マネージャー)

「(仮題)衣類型ウェアラブルモーションセンサーの開発と応用事例」

講演2:15:50–16:30

岩田立男 博士(ヤマハ株式会社OB接着技術アドバイザー・静岡大学客員教授)

「(仮題)硬木材集成接着耐久性~環境対応新規木質ボード開発」

16:30–17:15 バス移動の後、JR浜松駅解散


<参加申込み方法>

①氏名、②所属、③メールアドレス(@shizuoka.ac.jpからのメールを受信可能なもの)、④電話番号、⑤参加費種別(セルロース学会会員:2,000円、非会員:3,000円、学生500円)を明記の上、メールにてお申し込みください。見学会の都合上、参加申込み締切は2017623日(金)とさせていただきます。昼食は各自ご用意ください。なお、参加費は当日現金にてお支払願います。

<参加申込みおよび問合せ先>

静岡大学学術院農学領域環境森林科学系列 米田夕子

E-mail: yoneda.yuko[at]shizuoka.ac.jp   TEL&FAX: 054-238-4840

上記メールアドレスにご連絡の際には,[at]の部分を半角の@に置き換えて下さい。


 

学会賞 受賞一覧

年度業 績 題 目受賞者名所 属(受賞当時)
平成7年度セルロース結晶の基本構造とその生成機構空閑重則東京大学大学院農学生命科学研究科
セルロースの人工合成小林四郎東北大学大学院工学研究科
セルロースとその誘導体の溶液物性と分子特性斉藤政利旭北成工業㈱高分子科学研究所
平成8年度位置選択的置換誘導体をモデル化合物として用いるセルロース中の水素結合のキャラクタリゼーション近藤哲男農林水産省森林総合研究所
電子回折法による天然セルロースの結晶構造の研究杉山淳司京都大学木質科学研究所
グリコシル化における置換効果とセルロースの化学合成中坪文明京都大学大学院農学研究科
平成9年度セルロース系多糖を一成分とした高性能分子複合材料の構築と特性解析西尾嘉之東京農工大学工学部
天然および再生セルロースの結晶および非晶構造に関する研究平井諒子京都大学木質化学研究所
平成10年度セルロース系材料の化学的改質とその機構解析磯貝 明東京大学大学院農学生命科学研究科
高圧水蒸気によるセルロースの結晶構造の変化と繊維の形状記憶棚橋光彦岐阜大学農学部
平成11年度セルロースの生合成林隆久京都大学木質科学研究所
平成13年度セルロース誘導体の新規合成法の開発正田晋一郎東北大学大学院工学研究科
平成14年度セルロース分解性糸状菌が生産するセロビオース脱水素酵素の機能に関する研究鮫島正浩東京大学大学院農学生命科学研究科
平成15年度基質の構造から見たセルロースの酵素分解メカニズムの解析天野良彦信州大学工学部
固体NMR法を用いた天然セルロースの結晶構造解析恵良田知樹北海道大学大学院工学研究科
平成16年度セルロースエステルの機能発現と構造制御に関する研究柴田徹ダイセル化学工業セルロースカンパニー
平成17年度セルロースおよびセルロース誘導体の分子構造制御と機能との相関に関する研究岡島邦彦徳島文理大学・工・ナノ物質工学科
平成18年度セルロース結晶の力学特性とその環境調和型複合材料への応用に関する研究西野孝神戸大学大学院工学研究科
平成20年度セルロースおよび関連多糖を基材とした環境順応型高吸水性樹脂に関する研究吉村利夫福岡女子大学人間環境学部
平成21年度時間的・空間的に変調された磁場を用いたセルロース系材料の構造制御と固体構造解析への応用木村恒久京都大学大学院農学研究科
イオン液体との複合化によるセルロース及びその他の多糖からの新材料創製門川淳一鹿児島大学大学院理工学研究科
平成23年度セルロースの固体構造と物性に関する研究和田昌久東京大学大学院農学生命科学研究科
平成24年度単分子可視化技術を用いた結晶性セルロース酵素分解機構の解明五十嵐圭日子東京大学大学院農学生命科学研究科
非水系酵素反応による糖鎖合成と糖鎖系バイオインターフェース材料の研究北岡卓也九州大学大学院農学研究院
平成25年度粉砕処理を基盤としたセルロース系原料の改質・高付加価値化技術に関する研究遠藤 貴士産業技術総合研究所 バイオマスリファイナリー研究センター
平成26年度分子シミュレーションによるセルロース誘導体の構造・物性に関する研究上田 一義横浜国立大学
平成27年度界面化学的アプローチによる機能性セルロース材料の創製辻井 敬亘京都大学 化学研究所
平成28年度セルロース熱分解の分子機構解明河本 晴雄京都大学大学院 エネルギー科学研究科