この記事を印刷 この記事を印刷

セルロース学会第23回年次大会プログラム

発表に関する留意事項

(1)口頭発表に関する留意事項
1. 発表15分、討論5分の計20分です。

  1. 発表者は、Power Pointにてスライド原稿を作成してください。
    3. 発表には液晶プロジェクターを使用します。各自ご持参頂いたパソコンを使用して発表していただきます。接続端子は3列15ピンのDE-15(ミニD-Sub15)です。

 

(2)ポスター発表に関する留意事項
1. ポスターは、大会1日目の9:00から掲示することが可能です。12:00までに発表番号を確認の上、指定された場所にポスターを掲示して下さい。
2. 掲示用パネルの寸法は、幅90㎝×高さ210㎝です。
3. ポスターのオブリゲーションタイムは、奇数番号:大会1日目の13:00-14:30、偶数番号:大会2日目の12:40-14:10です。
4. 大会2日目のポスターセッション終了後、速やかに15:00までにポスターを外してください。
5. 画鋲は会場にて準備致します。


 

大会プログラム

 

1日目:714日(木)

 

8:30 開場

9:05 開会

 

口頭発表

座長:能木雅也(阪大産研)

9:10        K01          ナノセルロースが不斉決定する有機分子触媒反応の発見

1九大院農、2九大院生資環、3阪大産研、4鹿大院理工、5宮崎大工)

○北岡卓也1、金祖鑫 2、舘林直子2、古賀大尚3、宇都卓也4、湯井敏文5

9:30     K02        TEMPO酸化セルロースナノファイバーの界面制御技術

1花王、2東大院農)○大和恭平1、熊本吉晃1、吉田穣1、磯貝明2

9:50     K03        セルロースナノファイバーの水和挙動

(農工大院農)○四方俊幸、小瀬亮太、新井健悟

 

座長:和田昌久(京大院農)

10:10 K04           セルロース結晶を構成する分子鎖シート立体構造の安定性評価による

セルロース結晶多形の構造特性解析

1鹿大院理工、2宮崎大工)○宇都卓也1、湯井敏文2

10:30 K05           セルロース溶解の統計力学的理解を目指して

1LRP、2CERMAV、3神戸女子大、4ヨーク大学)○磯部紀之1,2

奥川あかり3、Roux Denis1、山根千弘3、西山義春2、清水青史4

10:50 K06           イオン液体に部分溶解したセルロースの構造崩壊と再構造化

(金沢大学)○遠藤太佳嗣、細見昭太、藤井俊輔、仁宮一章、高橋憲司

 

 

特別講演1

座長:岩田忠久(東大院農)

11:10    S01          ナノファイバーの大量生産とその用途開発

(東京工業大学名誉教授)谷岡明彦

 

11:55 昼食

 

ポスター発表

13:00-14:30 奇数番号

 

特別講演2

座長:安田知一(富士フイルム)

14:40 S02             クモ糸実用化への挑戦

(Spiber株式会社)菅原潤一

 

15

15:40 総会および授賞式

16:40 受賞講演

18:00 懇親会

 

 

 

2日目:715日(金)

 

8:30 開場

 

口頭発表

座長:横田慎吾(九大院農)

9:00     K07        木質バイオマスの新規分子構造変換法 ―誘導体化・分離・クリック反応・

ナノ粒子化―

(京大院農)○三木健太郎、上高原浩、飛松裕基、吉永新、高野俊幸

9:20     K08        セルロースを主鎖とする高位置選択的ヤヌス型ボトルブラシの合成と

SEC-MALS測定

(京大化研)○黄瀬雄司、榊原圭太、辻井敬亘

9:40     K09        In vitro synthesis of linear α-1,3-glucan and derivatization to its esters having

outstanding thermal properties

(1Univ. Tokyo, 2JASRI, 3Tokyo Univ. Agr., 4Kyoto Univ.) ○Sakarin Puanglek1,

Satoshi Kimura1, Yukiko Enomoto-Rogers1, Taizo Kabe2, Makoto Yoshida3,

Masahisa Wada4, Tadahisa Iwata1

10:00 K10           セルロースアセテート/ポバール/ポリ(N-ビニルピロリドン)から成る3成分

ブレンド系の相溶マップ

(京大院農)森政博、○杉村和紀、西尾嘉之

 

座長:荒木潤(信大繊維)

10:20 K11           樹木の細胞壁を模倣したスキン層によって誘起されるリンクル表面

1鳥大院工、2鳥取大工、3鳥大生命機能セ)○井澤浩則1、奥田記子1

森山亜梨朱2、伊福伸介1、森本稔3、斎本博之1

10:40 K12           キトサンエアロゲルの作製と透明・柔軟断熱材への展開

(産総研化学プロセス)○竹下覚、依田智

11:00 K13           Implications of low-temperature pyrolysis for the thermal stability of nanocellulose

esters

(Kyoto Univ.)○Melissa Agustin, Fumiaki Nakatsubo, Hiroyuki Yano

11:20 K14           セルロース系ハイブリッド材料の合成とキラル特性

(金沢大院自然)○藤田和真、遠島葉、角田貴弘、生越友樹、山岸忠明

 

11:40 昼食

 

ポスター発表

12:40-14:10 偶数番号

 

口頭発表

座長:堀川祥生(農工大院農)

14:20 K15           発酵菌への毒性が小さいセルロース溶剤の開発:高濃度イオン液体中での

バイオマスのワンポット発酵

(金沢大)○黒田浩介、宮村恭平、Heri Satria、仁宮一章、高橋憲司

14:40 K16           両親媒性リグニン誘導体を用いたリグノセルロースからのバイオ

エタノール製造

1)Cheng Ningning1、山本陽子1、幸田圭一1、○浦木康光1、五十嵐圭日子2

15:00 K17           セルロース結合性タンパク質が示す基質認識のダイナミクスと

熱力学量評価

(宮崎大工)○湯井敏文、宇都卓也、落亮太、音成直登、竹元萌

 

座長:榊原圭太(京大化研)

15:20 K18           遺伝子組換えした酢酸菌によるセルロース/カードランバイオナノ

コンポジットの創製

1九大院農、2北大院工、3ライフサイエンスデータベースセンター)Fang Ju1

田島健次2、河野信3、○近藤哲男1

15:40 K19           セルロースナノファイバーにより補強した三次元成形複合材料の開発と

その光学的利用

(京大生存研)○スビル クマール ビスワス、矢野浩之

16:00 K20           ナノセルロース多孔質体の熱拡散性

(東大院農)酒井紅、小林ゆり、○齋藤継之、磯貝明

 

16:20 ポスター賞授与式、閉会式

 

 

 

ポスター発表

 

714日(木)13001430 奇数番号

715日(金)12401410 偶数番号

 

P001     コアシェル型ナノフィブリル化セルロース分散液及び湿潤フィルムの粘弾性

1阪大院理、2東大院農、3VTT)○田仲玲奈1,2、齋藤継之2、Tuomas Hӓnninen3

小野祐子2、Minna Hakalahti3、Tekla Tammelin3、磯貝明2

P002     ナノセルロースを界面反応場とする環状アミン誘導体による不斉有機分子触媒反応

1九大院生資環、2九大院農)○舘林直子1、金祖鑫1、北岡卓也2

P003     “セルロースナノ・アネモネ”-水中カウンターコリジョン法によって創製された異方性を有するセルロースナノファイバー-

(九大院生資)○宇都宮ひかり、近藤哲男

P004     セルロースナノファイバー製造前処理としてのセルラーゼの利用

(森林総研)○野尻昌信

P005     SEC/MALLS/UV測定によるTEMPO酸化セルロースの構造解析

(東大院農)○小野祐子、福井俊介、舟橋龍之介、齋藤継之、磯貝明

P006     セルロースナノファイバー/マトリクス界面厚制御と複合体の特性解析

(東大院農)○添田裕人、齋藤継之、磯貝明

P007     セルロースナノファイバーを基材とした銀ナノ粒子複合材料の作製

(岡山県工業技術センター) ○藤井英司、古谷充章

P008 ナノセルロースの表面修飾と複合化による高伸縮ハイドロゲルの創製

P009     TEMPO触媒酸化による保湿性セルロース球状粒子の調製

1熊本県産技セ、2熊本大院自然、3PHOENICS)○城崎智洋1,3、柳田弘2

三好明子1、堀川真希1,2,3、龍直哉1,3、永岡昭二1,2,3、伊原博隆2,3

P010     両親媒特性を示すACCナノセルロースにおける疎水性表面の定量

1九大院生資環、2中越パルプ)○坪井国雄1,2、横田慎吾1、近藤哲男1

P011     セルロースナノファイバー複合材料中の繊維相の内部構造観察

((株)三井化学分析センター)○崎山裕加、菅野公生、齋藤進、浅見琢夫

P012     ナノセルロースを骨格とするフィルム材料の伝熱特性

(立教大理)○上谷幸治郎、岡田拓巳、大山秀子

P013     硫酸化セルロースナノファイバーを用いた高導電性PEDOT薄膜の開発

1熊本産技セ、2熊大院自、3くまもと有機薄膜セ)○堀川真希1,2,3、城崎智洋1,3

龍直哉1、永岡昭二1,2,3、伊原博隆2,3

P014     新規ナノセルロース系キセロゲルの調製と特性解析

(東大院農)○山崎俊輔、安井皓章、齋藤継之、磯貝明

P015     アルカリ条件下のボールミル解繊により得られる高繊維量のセルロースナノファイバーとその性質

(京大生存研)○阿部賢太郎、矢野浩之

P016     リグノセルロースナノファイバーのタンパク質吸着性能

(三重大院生資)○高柳小春、野中寛

P017     濁度測定によるナノセルロースの幅算出

1京工繊、2産総研、3東大院農、4CERMAV、5京大生存圏)○清水美智子1,2

齋藤継之3、西山義春4、岩本伸一朗2、矢野浩之5、磯貝明3、遠藤貴士2

P018     異なる対イオンの混合によるナノセルロースの物性制御

(東大院農)○久保竜士、齋藤継之、磯貝明

P019     セルロースナノファイバーと溶解セルロースの複合化

(京大生存研)○内海百代、矢野浩之、阿部賢太郎

P020     表面脱アセチル化キチンナノファイバーの条件検討

(鳥取大院工)○上野文也、永江知音、井澤浩則、斎本博之、伊福伸介

P021     キチンナノファイバー添加小麦粉による製パン性の向上

1鳥取大院工、2鳥取大農)○岩本涼1、斎本博之1、伊福伸介1、江草真由美2

田中裕之2、上中弘典2

P022     PVA-TEMPOを用いたセルロースナノウィスカーの表面カルボキシル化

1信大院総合理工、2信大繊・信大IFES)○中西杏奈1、荒木潤2

P023     セルロースミクロフィブリルの長さ方向における高次構造

1農工大院農、2京工繊、3東大院農、4京大生存研)○堀川祥生1、清水美智子2

齋藤継之3、磯貝明3、今井友也4、杉山淳司4

P024     地域セルロース資源から酵素を用いて調製したセルロースナノファイバーの特性

1愛媛大紙産業イノベセ、2京大生存研)○秀野晃大1、内村浩美1、阿部賢太郎2

矢野浩之2

P025     タケ由来セルロースナノファイバーの培養細胞等を用いた安全性の検討

1森林総研、2昭和女子大)○下川知子1、林徳子1、真柄謙吾1、池田努1、野尻昌信1

戸川英二1、藤澤秀次1、高尾哲也2、小川睦美2、中山榮子2

P026     ヒドロキシプロピルメチルセルロ-スを使用した触れる安全なシャボン玉

(信越化学工業(株) 合成技術研究所)○早川和久

P027     位置選択的置換基を有するカードランヘテロエステルの合成とアシル転移および物性評価

(東大農)○錢致瑩、ロジャース有希子、竹村彰夫、岩田忠久

P028     Synthesis and characterization of a novel fluorescent cellulose derivative

(京大院農)○Haoze Hu、Kazuki Sugimura、Yoshiyuki Nishio

P029     ポリ(2-オキサゾリン)グラフト化キチン複合材料の創製

(鹿児島大院理工)○吉田潤平、遠藤瞭、山元和哉、門川淳一

P030     イオン液体を用いた熱可塑性セルロースフィルムの創製

1鹿児島大院理工、2九大先導研)○羽生泰浩1、飯森恵祥1、山元和哉1、高田晃彦2

門川淳一1

P031     直鎖状低密度ポリエチレン/コハク酸エステル化微結晶セルロース複合材料の調製および特性評価

(京大院農)○福田一友、吉岡まり子、西尾嘉之

P032     セルロースエステル/ポバール系の相溶マップ

(京大院農)○悴田健人、森政博、阿部充、杉村和紀、西尾嘉之

P033     化学修飾セルロースの水和挙動

(農工大院農)○新井健悟、四方俊幸

P034     同位体標識リン酸化プルランのNMRによる構造解析

(岡山大院自然)○沖原巧、渡邉俊

P035     フッ素含有置換基を導入したアシル化ヒドロキシプロピルセルロースの液晶形成挙動

(京大院農)○石井宏和、西尾嘉之

P036     アシル化エチルセルロースが形成するコレステリック液晶の掌性反転挙動

(京大院農)平田拓真、○石井宏和、杉村和紀、西尾嘉之

P037     カルボキシメチルセルロースの化学シフト全帰属とモノマー組成比の決定

1苫小牧高専、2北大院工)○甲野裕之1、大島和浩1、橋本久穂1、清水祐一1

田島健次2

P038     ボロン酸誘導体を用いたセルロースゲルの作製と評価 (I)

-ヒドロゲル作製条件の検討-

(上智大理工)○石井啓後、鈴木栞、藤田正博、竹岡裕子、陸川政弘

P039     複数の官能基を修飾したセルロース誘導体のコレステリック液晶特性

(東理大院総化)○石田豪、石﨑拓郎、古海誓一

P040     イオン液体の有機触媒能を活用したセルロース系熱可塑性樹脂の合成

(金大院自然)○星野莉那、山口誠、伊藤僚、覚知亮平、高田健司、遠藤太佳嗣、

井改知幸、仁宮一章、前田勝浩、高橋憲司

P041     溶融成形性に優れたセルロース誘導体の合成と熱物性の評価

(金大院自然)○高田健司、覚知亮平、仁宮一章、高橋憲司

P042     リン酸化多糖と薬剤複合体の構造と徐放メカニズム

(岡山大院自然)○沖原巧、吉実伸悟、三宅祥太

P043     Effect of heat treatment on alkaline swelling of Kapok fiber

(韓國江原大)○李柱阿、張宰赫、金南勳

P044     イオン液体を溶媒かつ有機触媒として利用した木質系バイオマスの誘導体化

(金沢大)○鈴木栞、柴田佳樹、山口誠、覚知亮平、仁宮一章、高橋憲司

P045     長鎖/短鎖混合セルロースエステルにおける長鎖構造の物性への影響

1日本電気、2東大院農)○田中修吉1,2、岩田忠久2、位地正年1

P046     パラトルエンスルホン酸を触媒とするセルロースからのレブリン酸ブチルの直接調製

1森林総研、2愛媛県紙産業技術センター)○菱川裕香子1、山口真美2

久保智史1、山田竜彦1

P047     アセチル化の溶解パルプセルロース結晶構造に及ぼす影響

(京大生存研)○八木智弘、安藤大将、矢野浩之

P048     濃厚ポリマーブラシ付与セルロース微結晶の液晶相挙動

(京大化研)野上直嗣、○榊原圭太、辻井敬亘

P049     セルロース誘導体の側鎖が分極率異方性に及ぼす影響の計算化学による評価

1北里大薬、2横国大院工)○早川大地1、広野修一1、上田一義2

P050     クラフトパルプのアセチル化における多糖の反応性

1産総研、2京大生存研)○齋藤靖子1、遠藤貴士1、安藤大将2、中坪文明2

矢野浩之2

P051     温度応答性ジブロック型メチルセルロース類縁体のガラス基板への固定化

(京大院農)○朝日智之、上高原浩、高野俊幸

P052     単糖あるいはオリゴ糖を分子末端に有するメチル化多糖の合成と構造-物性相関

(京大院農)○岡西諒子、上高原浩、高野俊幸

P053     褐色腐朽菌オオウズラタケ由来のGHファミリー28エンド型ポリガラクツロナーゼの精製と特性解析

1宇都宮大農、2宇都宮大バイオ)○田中裕基1、金野尚武1、羽生直人1

鈴木智大2

P054     β-グルカンオリゴ糖の免疫賦活作用

1宇都宮大農、2岩手生工研)○本郷杏里紗1、海老原俊1、金野尚武1

羽生直人1、坂本裕一2

P055     セルロース系原料の糖化とエタノール発酵

(北見工業大学)○グリボスタン アルキンタイ、梁鮮香、吉田孝

P056     発酵ナノセルロース表層でのシクロデキストリングラフト化

1苫小牧高専・専攻科、2北大院工)○髙橋佳奈1、穴井ひかる1、甲野裕之1

田島健次2

P057     発酵ナノセルロースの表層疎水性改質に関する研究

1苫小牧高専・専攻科、2北大院工)○穴井ひかる1、髙橋佳奈1、甲野裕之1

田島健次2

P058     環境ストレス応答としての植物プロトプラストのセルロース堆積異常とカロース中空繊維産生の相関

(九大院生資環)○田川聡美、近藤哲男

P059     ホスホリラーゼを用いたスクロースからのセルロース合成

1東大院農、2農研機構)○久我友大1、砂川直輝1、石田卓也1、竹内美由紀1

五十嵐圭日子1、鮫島正浩1、北岡本光2

P060         Asaia bogorensis由来AbCeSDのN末端配列がセルロース生産に及ぼす影響

1信大院理工、2信大工、3信大IFES、4北大院工)○永谷良騎1、水野正浩2,3

天野良彦2、田島健次4

P061     Trichoderma reesei 由来セルラーゼの糖結合性モジュールに対する網羅的な糖鎖ドッキング解析

1宮崎大院工、2宮崎大工、3鹿児島大院理工)○落亮太1、音成直登2、宇都卓也3

湯井敏文2

P062     遺伝子組換えによるセルロース合成大腸菌の創製

1北大院総化、2北大院工、3京大生存研)○村野玲奈1、渡辺耕平1、今井友也3

磯野拓也2、佐藤敏文

P063     バクテリア由来CeSDの構造、機能解析

1北大院総化、2北大院工、3信州大工、4鹿児島大院理工、5宮崎大工、6北大院先端生命)

○村野玲奈1、渡辺耕平1、水野正浩3、宇都卓也4、磯野拓也2、湯井敏文5

天野良彦、田島 健次2

P064     セルロース合成酵素複合体の分子解剖研究

(京大生存研)孫世静、○今井友也、杉山淳司、木村聡

P065     酢酸菌由来セルロース合成酵素サブユニットD-糖鎖複合体のダイナミクス挙動

1宮崎大院工、2鹿児島大学院理工、3信州大院工、4宮崎大工)○米倉努1、宇都卓也2

水野正浩3、天野良彦3、湯井敏文4

P066     新規回転らせん型バイオリアクターによるバクテリアセルロース連続生合成

1北大院総化、2北大工、3北大院工)○角脩太朗1、小泉亜理紗1、石田考2

小枝いずみ1、惠良田知樹3

P067     混練型木材/プラスチック複合体の製造における相容化効果の明確化

1岐阜大院応生、2トクラス(株))○丹羽沙織1、岡本真樹2、牧瀬理恵2、大峠慎二2

伊藤弘和2、寺本好邦1

P068     アルギン酸/ポリ(4-ビニルピリジン)IPNゲルにおける炭酸カルシウムのミネラリゼーション

(京大院農)○中谷百花、杉村和紀、西尾嘉之

P069     熱誘起相分離法を用いるセルロースモノリスの作製とアフィニティカラムへの応用

(阪大院工)○雛本裕介、吉沢千秋、宇山浩

P070     バクテリアセルロースの層状構造を利用した板状無機結晶の作製

1阪大院工、2大邱カトリック大学)○北谷司1、吉沢千秋1、宇山浩1、金栄鎮2

P071     多孔質階層構造を有するバクテリアセルロース/ポリマー複合材料の開発

(阪大院工)○高輪峻、王国偉、金敬烈、宇山浩

P072     ER法を用いた自由エネルギー計算によるセルロースの溶解性の検討

(横浜国大院工) ○松原寛、片岡宏平、松下まど加、上田一義

P073     貧溶媒誘起相分離法による酢酸セルロースのナノ粒子化

1熊本大工、2熊本県産技セ、3PHOENICS、4熊本大院自然)○関本恵里佳1

龍直哉23、城崎智洋2,3、堀川真希2,3,4、永岡昭二2,3,4、伊原博隆3,4

P074     低コストかつ高効率:少量イオン液体によるセルロース前処理

(金大院自然)○藤井俊輔、遠藤太佳嗣、Ei Mon Aung、細見昭太、仁宮一章、

高橋憲司

P075     Fibrillar assembly of bacterial cellulose in the presence of wood hemicelluloses

(京大生存研)○Paavo A Penttilä、Junji Sugiyama、Tomoya Imai

P076     高効率熱伝導フィラーを指向したセルロース/ボロンナイトライドコアシェル粒子の開発

1熊本県産技セ、2(株)オジックテクノロジーズ、3熊本大院自然、4PHOENICS)

○永岡昭二1,3,4、城代琢磨2,4、亀山義弘3、堀川真希1,3,4、高藤誠3,4、龍直哉1,4

城崎智洋1,4、伊原博隆3,4

P077     セルロースコーティングされた水中油型および油中水型エマルションに関する分子動力学シミュレーション

1イスラエル工科大化工、2横浜国大院工、3神戸女子大院家政)○宮本ひとみ1

Dmitry M Rein1、Yachin Cohen1、上田一義2、山根千弘3

P078     AC electric field induced cellulose nanocrystals alignment in polyvinyl alcohol suspensions

(京大院農)○Nannan Hu、Masahisa Wada、Ryosuke Kusumi、Fumiko Kimura、

Tsunehisa Kimura

P079     熱加工による構造多糖ナノファイバーの配向制御:表面官能基による物性変化

1岐阜大院応生、2岐阜大応生)○桂川徹也1、横井森彦2、光部亮佑1

寺本好邦2

P080     セルロースオリゴマー結晶の磁場配向

1京大院農、2京大生存圏、3農研機構)○和田昌久1、脇谷紗友理1

小林加代子2、木村聡2、北岡本光3、久住亮介1、木村史子1、木村恒久1

P081     末端イソシアネート化mPEGの表面結合によるセルロースナノウィスカーの立体安定化

1信州大院理工、2信大繊・信大IFES)別所佑希子、○荒木潤

P082     イオン液体の有機分子触媒能を利用したセルロースのエステル交換反応に及ぼす共溶媒の効果

(金大院自然)○野村周平、山口誠、伊藤僚、覚知亮平、高田健司、井改知幸、

仁宮一章、前田勝浩、高橋憲司

P083     酢酸菌の走行性に与えるNOC上のOH基の状態

(静大教)○大長一帆、澤渡千枝

P084     ナノキチン分散体のレオロジー学的構造解析

1東大院農、2阪大院理、3岐阜大応生)○横井森彦1、田仲玲奈1,2、寺本好邦3

齋藤継之1、磯貝明1

P085     ナノセルロース由来の新規カーボン材料の特性解析

(東大農院)○安井皓章、齋藤継之、斎藤幸恵、磯貝明

P086     タンパク質/キチンナノファイバー複合体の製造とその機能

(鳥取大院工)○伊福伸介、浦上剛士

P087     イオン液体処理過程におけるリグノセルロースの膨潤・溶解挙動の追跡

(三重大院生資)○吉田航太、野中寛

P088     アルデヒド基含有ナノセルロースのフィルム特性

(東大院農)○石田昂、趙孟晨、齋藤継之、磯貝明

P089     バクテリアセルロース/ポリアクリル酸シートの異方な膨潤-収縮挙動

(阪大院工)○向星宇、 沈炫希、 宇山浩

P090     リグニン溶液吸収酸性化によるセルロース繊維とリグニンの複合~リグニン濃度および含浸時間による複合率の制御~

(三重大院生資)○高橋美樹、野中寛

P091     両親媒性セルロースナノファイバー”ACC-ナノセルロース”により安定化されたPickeringエマルション

(九大院生資環)○鎌田啓大、横田慎吾、近藤哲男

P092     和紙の雪晒しにおけるヒドロキシルラジカルの生成挙動

(長岡技大院工)岸本啓文、○吉満天志、木村悟隆

P093     ナノフィブリル化バクテリアセルロースの分散状態に及ぼすカルボキシメチルセルロースの置換度の影響

1北大院総化、2北大院工、3苫小牧高専)○楠元領1、大場淳也1、甲野裕之3

磯野拓也2、佐藤敏文2、田島健次2

P094     キチンナノウィスカー/金クラスター複合体の立体安定化

1信大院理工、2信大繊・信大IFES)○山口剛1、荒木潤2

P095     セルロース系コレステリック液晶のらせん構造形成へ及ぼす因子

(金沢大院自然)○藤田和真、角田貴洋、生越友樹、山岸忠明

P096     セルロースオリゴマー結晶のポリ(L-乳酸)結晶核剤としての効果

1京大院農、2農研機構)○久住亮介1、和田昌久1、木村恒久1、北岡本光2

P097     水熱処理による木材セルロースの共結晶化および結晶転移挙動

1東大院農、2CERMAV、3ESRF)○栗林朋子1、松本雄二1、小川悠2、西山義春2

Heux Laurent2、Rochas Cyrille3

P098     計算化学を用いた、6位炭素コンホメーションのセルロース分子鎖構造に及ぼす影響の検討

1北大院総化、2北大院工)○野村智1、佐藤信一郎2、惠良田知樹2

P099     ジブロック共重合体により界面補強されたバクテリアセルロース強化エラストマーの創製

1京大化研、2松本油脂製薬)○清水吉彦1,2、榊原圭太1、辻井敬亘1

P100     柱上変圧器に用いられる絶縁紙の高温負荷による物性変化

1三重大院生資、2中部電力)○有永心1、野中寛1、岩月秀樹2、國井康幸2

P101     カードランの熱ゲル化機構

(阪電通大工)○湯口宜明、小野帆南、兼松大輝、小笠原正志、中地学、松山勇介、

梯悦宏

P102     押出成型可能なセルロース素材の開発

1三重大生資、2ザ・パック、3信越化学工業、4三重大院生資)河村海斗1

阿部羅貴嗣2、早川和久3、○野中寛4