お知らせ

京都府立大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻 専任教員募集要項(公募)

平成29年10月25日 京都府立大学生命環境科学研究科 研究科長 渡部邦彦

このたび,京都府立大学大学院生命環境科学研究科環境科学専攻の専任教員を募集することに なりましたので,下記により応募いただきますようお願い致します。

(以下,添付書類をご覧下さい)
171025 教員募集(京都府立大学 助教)

国立大学法人京都大学大学院エネルギー科学研究科 教員公募があります.詳細は,以下のPDFを参照して下さい.応募〆切 2017/11/15必着
京都大学エネルギー科学研究科エネルギーエコシステム学分野教員公募

第11回多糖の未来フォーラム 2017/11/7 (火) 13:00-

日時:2017年11月7日 (火) 13:00-
会場:大阪大学大学院理学研究科教育研究交流棟2階南部陽一郎ホール(大阪府豊中市待兼山町1-1)

主催:糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会
共催:日本化学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、バイオインダストリー協会、グライコフォーラム
協賛:水谷糖質科学振興財団

講演会 参加費:無料
懇親会 参加費:一般 5,000円、学生 2,000円
(懇親会会場 大阪大学大学院理学研究科教育研究交流棟2階南部陽一郎ホール前)

世話人:大阪大学大学院理学研究科 原田明・深瀬浩一・山口浩靖

 

詳細: http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/yamaguchi/Polysaccharide_2017/

セルロース学会関東支部ミニシンポジウム

セルロース素材の新展開

セルロースの未来を拓く若手研究者達Ⅳ

 

関東支部では数年来「セルロースの未来を拓く若手研究者達」と銘打って、新進気鋭の若手の方々の発表の場を設けております。若手育成という意味でも、また、古手に刺激を与える意味でもいろいろな分野からの発表は大変良いものではないか、と自負しております。そこで、今年も様々の分野でご活躍中の若手研究者のご講演を企画いたしました。昔から注目されているセルロースのLODP,新素材として注目度の高いセルロースナノファイバー、昔から工芸品として使われてきたサクラの樹皮、と今年も多糖類の基礎から応用までを含めた最新情報をご講演いただきます。皆様どうぞご参集ください。

 

日 時:2017年9月14日(木)13時‐17時(講演)

場 所:東京大学農学部フードサイエンス棟中島董一郎記念ホール

東京都文京区弥生1-1-1〈12時30分から受け付けます〉

(東京メトロ南北線 「東大前」下車5 分, 千代田線 「根津」下車12 分)

詳細はこちら

第15回日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウム

  ―拡大を続けるグライコサイエンス:基礎・応用生物学から健康・医療まで―

■開催趣旨:グライコサイエンスが関わる基礎研究、医学研究、企業研究の今日的課題を取り上げ、本領域への理解の向上と領域間の融合を図る

■開催日時:2017年10月26日(木)正午~27日(金)終日

■開催場所:九州大学医学部百年講堂 (〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号)

詳細はこちら

セルロース学会第24回年次大会(岐阜,2017/7/13-14)の講演プログラムを更新しましたので,ご確認ください(6月28日更新しました)。事前参加受付は終了しましたが,当日受付も行っております。皆様のお越しをお待ちしております。

岐阜大学へのアクセス(シャトルバス,両日朝)について

■バスの発車場所:「JR岐阜駅北口「じゅうろくプラザ」前 団体バス乗降場」。プラカードを持った案内員がおりますので,適宜お尋ねください。

■平成29年7月13日(木)および 7月14日(金) 大型バス(53~60人乗り) 各日4台
-はじめの3台: 8:00より,満席になり次第,順次発車します(所要時間約30分)。
-最後の1台: 1台目のバスが戻ってきて,再度岐阜大学に向かいます。恐れ入りますが,9時以降の発車になる見込みです。

*朝,岐阜大学行きの公共交通機関(バス)は大変混雑しますので,シャトルバスのご利用が便利です。
*上記以外の時間帯にお越しの方は,バスまたはタクシーをご利用ください。詳細は年次大会のページで

各受賞者が以下のように決定されました!

<セルロース学会賞>
「セルロース熱分解の分子機構解明」

京都大学大学院 エネルギー科学研究科 河本 晴雄

 

<セルロース学会技術賞>

「TEMPO酸化セルロースナノファイバーの水性ゲルインクボールペンへの実用化」

第一工業製薬(株) 後居 洋介,神野 和人,野田 広司

三菱鉛筆(株) 竹内 容治,望月 千裕,坂根 範子,中田 有亮

 

「セルロースのアルカリ溶解技術の工業化と食品材料への展開」

オーミケンシ(株) 浅見 孝志、畑 欣宏

神戸女子大学 家政学部 山根 千弘

テクニオン–イスラエル工科大学 宮本 ひとみ

 

<セルロース学会奨励賞>

「セルロース繊維と無機ナノ材料の複合化による紙の新機能創発」

大阪大学 産業科学研究所 古賀 大尚

 

<セルロース学会功績賞>

「学会運営の活性化とセルロース誘導体のセメントコンクリート分野への普及活動に対する貢献」

さいたま市立常盤小学校・元信越化学工業(株) 早川 和良


平成28度セルロース学会林治助賞

 

「核磁気共鳴法によるセルロースおよび誘導体の精密構造・機能解析」

苫小牧工業高等専門学校 甲野 裕之

 

「Development of Cellulose as Smart Multifunctional Materials」

(セルロース系スマート機能材料開発)

韓国・仁荷大學校 金 才煥(キム ジェーワン)

 

「Investigation and Utilization of Cellulose Interfaces」

(セルロースの界面科学をベースにした応用展開)

フィンランド・Department of Bioproducts and Biosystems, School of Chemical Engineering, Aalto University

Eero Kontturi

 

「Mechanical Properties and Interfaces of Cellulosic Materials」

(セルロース系材料の力学物性と界面に関する研究)

英国・College of Engineering, Maths & Physical Sciences, University of Exeter

Stephen James Eichhorn

【協賛】第16回食品レオロジー講習会― 初心者のための実習と基礎:食感・風味の制御に向けて ―
主催:日本レオロジー学会
日時:2017年11月9日(木),11月10日(金)
場所:東京大学生産技術研究所 4階 中セミナー室
関連HP:http://www.srj.or.jp/gyoji.html

A41頁版 第16回食品レオロジー講習会パンフレット

【協賛】第65回レオロジー討論会
主催:日本レオロジー学会,日本バイオレオロジー学会
日時:2017年10月17日(火)~19日(木)
場所:朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)
関連HP:http://www.srj.or.jp/gyoji.html

第65回レオロジー討論会講演募集

【協賛】第31回日本キチン・キトサン学会大会
主催:日本キチン・キトサン学会
日時:2017年8月23日(水)~24日(木)
場所:沖縄コンベンションセンター(会議棟B)
関連HP:http://jscc.kenkyuukai.jp/about/

第31回日本キチン・キトサン学会大会