この記事を印刷 この記事を印刷

セルロース学会関東支部ミニシンポジウム セルロース素材の新展開 ‐セルロースの未来を拓く若手研究者達Ⅲ‐ 2016/9/9

セルロース学会関東支部ミニシンポジウム

セルロース素材の新展開

セルロースの未来を拓く若手研究者達Ⅲ

 

昨年、一昨年と、関東支部では「セルロースの未来を拓く若手研究者達」と銘打って、新進気鋭の若手の方々の発表の場を設け、好評を博しました。そこで、今年も様々の分野でご活躍中の若手研究者のご講演を企画いたしました。今、新素材として注目度の高いセルロースナノファイバーについては、最新理論、応用、安全性についてご講演いただきます。また、ハニカムフィルム、パラミロン誘導体と話題のセルロース応用や微生物素材まで範囲を広げてご講演いただきます。皆様どうぞご参集ください。

 

日 時:2016年9月9日(金)13時30分‐19時(講演、懇親会)

 

場 所:東京大学山上会館 東京都文京区本郷7-3-1〈13時15分から受け付けます〉

(東京メトロ南北線 東大前 徒歩 10分、東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線 本郷三丁目 徒歩 6分)

講演 (東京大学山上会館 大会議室 (山上会館2階))

13:35‐14:15  田仲玲奈(阪大院理)「水系ナノセルロース分散液の流動特性と動的粘弾性」

14:15‐14:55  後居洋介(第一工業製薬(株)レオクリスタ事業部)

「セルロースナノファイバーの使い方:特徴と用途開発について」

14:55‐15:35  下川知子(森林総研)「ナノ化セルロースの安全性評価」

15:35‐16:15  山崎英数(富士フイルム(株)R&D統括本部 生産技術センター)ハニカムフィルムの開発(仮) 

16:15‐16:55  芝上基成(産総研 バイオメディカル研究部門)「ミドリムシ由来のパラミロンを出発原料とした熱可塑性樹脂、ナノファイバーの調製」

 

懇親会 17:00‐19:00 (東京大学山上会館 談話ホール(山上会館1階))

 

参加費:事前申し込み 会員 3,000円、非会員 4,000円 学生 無料

懇親会参加費:事前申し込み 一般 3,000円、学生 1,000円

 

参加ご希望の方は、件名を「ミニシンポ参加申込」として、8月26日(金)までに下記宛先にお申込みください。事前申し込みについても参加費は当日受付でお支払いください。

なお、当日申し込みはすべて1,000円増しになります。

申込宛先:森林総合研究所 戸川英二;togawaeアットマークffpri.affrc.go.jp(アットマークを@に直してお送りください。)TEL:029-829-8270