この記事を印刷 この記事を印刷

【協賛】第14回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム 2016/11/1-2

第14回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム

グライコサイエンスの統合的理解と疾患の解明をめざす先端的・国際研究拠点の形成に向けて
変貌するグライコサイエンス:未来への橋渡しと社会貢献

(2016年11月1日~2日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)

 

参加申込等、詳細は、下記HPを参照ください。

http://www.jcgg.jp/02/symposium14.html

 

主催:日本糖鎖科学コンソーシアム     

 

共催:産業技術総合研究所、理化学研究所

 

後援(申請中または予定):文部科学省、経済産業省、厚生労働省、AMED、日本糖質学会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、キチンキトサン学会、シクロデキストリン学会、多糖の未来、FCCA、糖鎖科学名古屋拠点、香川県、青森糖質研究会、MAB(次世代バイオ医薬品製造技術研究組合)、SCA(幹細胞品質評価基盤技術組合)、公益財団法人水谷糖質科学振興財団

 

プログラム

 

 

11月1日(火)
創薬研究における糖鎖技術の有用性(創薬と再生医療)

 

基調講演: 座長 谷口直之
末松 誠(AMED):AMEDの挑戦:難病・未診断疾患から始まる医療研究開発の改革と糖鎖研究への期待

特別講演: 座長 平林 淳
Nico Callewaert(ゲント大) :Exploiting protein N-glycosylation pathways for biopharmaceutical purposes

セッション1基幹国立研究所における糖鎖先端研究(理研、産総研)  座長 成松 久
鈴木 匡(理研):NGLY1欠損症の治療法の開発に向けて
山口芳樹(理研):ベータプリズム型レクチンの糖鎖結合様式の多様性
梶 裕之(産総研):最近のグライコプロテオミクス:糖鎖付加部位ごとの糖鎖不均一性の大規模解析法の開発
舘野浩章(産総研):再生医療産業化に向けたレクチン利用技術の開発

セッション2AMEDで展開する糖鎖関連研究と橋渡し  座長 三善英知

大政健史(阪大):次世代のバイオ医薬品製造技術についてー現状と将来への期待

 

山川賞受賞講演:  座長 鈴木明身
Markus Aebi(ETH):The making of N-glycoproteins

産学連携セミナー(提供:生化学工業) 座長 西原祥子
岩崎倫政(北大):糖鎖生物学的アプローチによる関節疾患の病態解明

ランチョンセミナー(提供:島津製作所)
遠山敦彦(島津):トリプル四重極型MSによる糖鎖および糖ペプチドの定量・定性アプリケーション

○産からのプレゼンテーション  座長 萩谷恵里子

 

 

11月2日(水)
糖質・多糖研究における新たな展開(異分野融合と地域創生)

 

特別企画: 座長 門松健治
倉持隆雄(CRDS):大変革期の科学技術政策
門松健治(名大):マスタープラン構想について

特別講演2: 座長 深瀬浩一
清野 宏(東大):粘膜免疫と腸内細菌による腸管上皮糖鎖修飾

特別講演3: 座長 遠藤玉夫
John Magnani (GlycoMimetics):The design, evaluation and clinical development of novel glycomimetic drugs

for inflammatory disease and cancer.

セッション3マテリアルサイエンスにおける多糖の潜在力  座長 小林一清
小林一清(名大):多糖の未来フォーラム活動紹介
伊藤耕三(東大):シクロデキストリンを用いたタフポリマーの分子設計・材料設計戦略
磯貝 明(東大):新規セルロースナノファイバーの調製・構造と利用展開

セッション4食としての糖質と地域創生  座長 遠藤玉夫
加藤陽治(弘前大):青森糖質研究会とサケ鼻軟骨由来プロテオグリカン
栗木 隆(グリコ):糖質工学でベンチャービジネスを立ち上げる
徳田雅明(香川大):希少糖イノベーションでの産学官連携

 

産学連携セミナー(提供:東京化成工業)
伊藤幸成(理研)・萩原伸也(名大)・松尾一郎(群大):自由な発想で産学連携を探る

ランチョンセミナー(提供:住友ベークライト)
古川潤一(北大):総合グライコミクスで細胞を記述する