この記事を印刷 この記事を印刷

【後援】第15回日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウム 2017年10月26日(木)正午~27日(金)終日

第15回日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウム

  ―拡大を続けるグライコサイエンス:基礎・応用生物学から健康・医療まで―

■開催趣旨:グライコサイエンスが関わる基礎研究、医学研究、企業研究の今日的課題を取り上げ、本領域への理解の向上と領域間の融合を図る

■開催日時:2017年10月26日(木)正午~27日(金)終日

■開催場所:九州大学医学部百年講堂 (〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号)

■主催団体:日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG) http://www.jcgg.jp

■共催組織:新学術領域「動的構造生命」(領域代表:神田大輔教授)、理化学研究所

■世話人代表:神田大輔教授(九州大学生体防御医学研究所)

■後    援:産業技術総合研究所、水谷糖質科学振興財団、バイオインダストリー協会、 日本糖質学会、日本応用糖質科学会、日本生化学会、日本農芸化学会、日本分子生物学会、日本生物物理学会、日本蛋白質科学会、日本結晶学会、セルロース学会、日本キチンキトサン学会、シクロデキストリン学会、多糖の未来フォーラム

 

■参加対象者:研究者、学生、企業人など一般公開

■参加費:一般2千円、学生無料

 

プログラム概要http://www.jcgg.jp/02/symposium15.html

○10月26日(木)

基調講演:「日本におけるグライコサイエンスロードマップ」 谷口直之(JCGG会長)

特別講演:「Lipidomic dissection of M. tuberculosis reveals virulence factors」Branch Moody (Brigham & Womens’Hospital, USA)

S-1:糖鎖を介した微生物―高等生物との相互作用:

竹川 薫(九大)、片山高嶺(京大)、Yann Guérardel(Université Lille I,Frace)

S-2:複合糖質と感染症:

伊東 信(九大)、木下タロウ(阪大)、藤本ゆかり(慶応大)、山崎 晶(阪大)

○10月27日(金)   

S-3:糖鎖関連蛋白質の構造生物学研究:

伏信進矢(東大)、畠山智充(長崎大)、角田佳充(九大)

S-4:糖と食と産業化:

伊波匡彦・友利誠(株・サウスプロダクト)、吉永一浩(株・サナス)・安部淳一(鹿大)、

吉﨑由美子(鹿大)

S-5:糖鎖ナノメディシン:

若尾雅広(鹿大)、丸山 厚(東工大)、Gaojian Chen (東呉大、中国)、田中知成 (京都工繊大)

S-6:多糖マテリアル科学研究の最前線:

原田 明(阪大)、伊福伸介(鳥取大)、櫻井和朗(北九州大)

 

問合せ先:日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)事務局国立研究開発法人理化学研究所 システム糖鎖生物学研究グループ電話:048-467-9613, Fax:048-462-4692