この記事を印刷 この記事を印刷

【協賛】第29回食品ハイドロコロイドシンポジウム(2018 年 6 月 1 日開催)

第29回食品ハイドロコロイドシンポジウム
主催:食品ハイドロコロイド研究会

共催:京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点 協賛:化学工学会、高分子学会、セルロース学会、日本栄養・食糧学会、日本応用糖質科学会、日本家政学会、日本官能評価学会、日本こんにゃく協会、日本材料学会、日本食品化学学会、日本食品機械研究会、日本食品科学工学会、 日本食品工学会、日本食品添加物協会、日本食物繊維学会、日本水産学会、日本生化学会、日本咀嚼学会、日本調 理科学会、日本熱測定学会、日本農芸化学会、日本バイオレオロジー学会、日本物理学会、日本油化学会、日本レ オロジー学会(50 音順・依頼中)

日時:2018 年 6 月 1 日(金) 9:30-17:20(受付は 8:30 から開始します)

会場: 京都大学化学研究所 共同研究棟 大セミナー室

〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 (http:// www.kuicr.kyoto-u.ac.jp/kaken_building.html)

プログラム(題目は仮題)

9:30-9:40

挨拶

東京海洋大

松川真吾

9:40-10:20

NCFの調製・起源、性質の違い

京都大学生存圏研究所

阿部賢太郎

10:20-11:00

NCFによる腸内環境改善効果

京都大学農学研究科

谷史人

11:00-11:40

NCFの応用に関する話題

講師交渉中

未定

11:40-12:40

昼休み

12:40-13:20

ゲル化に伴う魚肉タンパク質の変化と加
      熱ゲルの物性
福井県立大学生物資源
   学研究科

大泉徹

13:20-14:00

“牛乳に魅せられて
– 牛乳が固まる事例を通じて -”

山梨大学生命環境学部

谷本守正

14:00-14:40

酵素による脱アミド化反応の食品系への
        応用

味の素(株)

三輪典子

14:40-15:00

休憩

15:00-15:40

「おいしさ」の科学 – 味と食感の視点から –

東大農日清寄附味覚サ
   イエンス

朝倉富子

15:40-16:20

官能評価とケモメトリクス

(株)化学・感覚計量学 研究所

相島鐵郎

16:20-17:00

咀嚼嚥下のメカニズム – 基礎から臨床 応用まで –

藤田保健衛生大学医学
 部歯科・口腔外科

松尾浩一郎

17:00-17:30

総合討論

17:45-19:45

懇親会

定 員: 95 名(申込先着順)

申込方法:HP(http://food.hydrocolloids.org/sympo)から必要事項をご記入の上お申し込み下さい。

参加費:

一般

大学・官公庁

学生

シンポジウムのみ参加

会員

5,000

5,000

1,000

非会員

8,000

7,000

3,000

セミナーとシンポの
  両方に参加

会員

8,000

8,000

2,000

非会員

13,000

11,000

4,000

懇親会費: 5000円
支払方法: 申込受理後、eメールにて通知。
事務局: 〒108-8477 東京都港区港南4-5-7 東京海洋大学学術研究院

食品ハイドロコロイド研究会 世話人 松川 真吾; e-mail; sympo@food.hydrocolloids.org /