多糖の未来フォーラム

2016polysaccharide_a4-1第10回多糖の未来フォーラム(名古屋 2016)ポスターPDF

詳細は、http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~lignin/polysaccharide10.htmを参照

 

日時:平成28年11月8日(火)13:00〜

会場:名古屋大学ES総合館1階ESホール

(名古屋大学キャンパスマップhttp://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/のコンベンション施設および工学部・工学研究科のエリア番号C2・建物番号4「C2-4 ESホール(ES総合館)」、交通アクセス:http://www.nagoya-u.ac.jp/access/)

主催:(日本化学会)糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会

共催:名古屋大学大学院生命農学研究科、日本化学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、バイオインダストリー協会、グライコフォーラム、糖鎖科学中部拠点

協賛:高分子学会

学術集会開催助成金:(公益財団法人)水谷糖質科学振興財団、名古屋大学農学部学術交流基金

詳細はこちら

第9回 多糖の未来フォーラム(京都 2015)

日時:2015年(平成27年)11月10日(火)13.05~18:05(懇親会18:20~20:00)

会場:京都府立大学 大学会館

〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町1-5 (下記12番)

https://www.kpu.ac.jp/cmsfiles/contents/0000003/3883/campus_map_201410.pdf

主催:糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会

詳細はこちら

多糖の未来フォーラム
―多糖の資源活用と機能探求に向けて―

多糖の未来フォーラム(第1回、第2回は多糖の未来シンポジウム)は、「人類存続にとって必須の生活資源である」「多糖をいかに活用するか、また多糖に期待できる多様な機能をいかに探求していくか」に焦点をあて、2006年以降、関連学会が連携して開催しています。以下、趣旨、主催・共催・協賛・資金援助団体および機関、各回のプログラムをご紹介します。

趣旨
名古屋大学名誉教授 小林一清多糖の未来フォーラムの説明をする小林先生
多糖は人類存続にとって必須の生活資源である。この度、関連学会が手を相携えて、「多糖の未来プロジェクト」を推進することを決意した。地球規模でのバイオマス資源としての多糖をいかに活用するか、また多糖に期待できる多様な機能をいかに探求していくかにとくに焦点を当てて、学術と産業における活動を進めていくことになった。このような多糖の資源活用と機能探求は、持続可能資源、バイオマス、グリーンケミストリー、生分解性ポリマー、バイオプロセス、バイオケミカルズ、さらには食と健康などの現在進行中の戦略に立脚するとともに、これらを包括して多糖の未来を見据える戦略である。また、このような多糖資源は広い意味での「糖鎖」の一つの側面である。すでに、「糖鎖科学プロジェクト」が生体内の糖鎖機能の解明からシステム糖鎖生物学の統合を目指して、ライフサイエンス分野の最重要課題として活発に展開されている。今回提案する「多糖の未来プロジェクト」は、「糖鎖科学プロジェクト」と並んで、糖鎖の両輪となるべきものであり、人類の豊かな生存に向けて、両者が協力し合って我が国の学術と産業をより活発に推進させていくべきであるとの認識に立脚している。なお、ここで取り上げる「多糖」は、関連するオリゴ糖や単糖を包含する広い概念として捉えていただきたい。
その第一歩として第1回多糖の未来シンポジウムを開催する。趣旨にご賛同いただき、ご支援、ご協力をお願いするとともに、多数の皆様方にご参加いただきたい。
(以上は、2007年開催の「第1回 多糖の未来シンポジウム」に寄せられた趣旨です。)

主催・共催・協賛・資金援助団体および機関
主催:日本化学会(糖鎖化学研究会)、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会
共催・協賛(これまでに一回以上共催・協賛をいただいた団体を順不同で掲載します。): 日本化学会、日本糖質学会、高分子学会、日本農芸化学会、(財)科学技術戦略推進機構、(財)バイオインダストリー協会、積水化学自然に学ぶものづくり研究助成プログラム、水谷糖質科学振興財団、グライコフォーラム、名古屋大学21世紀COE「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」、NPOバイオものづくり研究助成プロジェクト、日本生物工学会(中部支部)、糖鎖科学名古屋拠点、NPOバイオものづくり中部糖鎖分科会、九州大学大学院農学研究院

助成金拝受(これまでに一回以上助成金を拝受した団体を順不同で掲載します。): (財)水谷糖質科学振興財団、積水化学自然に学ぶものづくり研究助成プロジェクト、日本化学会、NPOバイオものづくり中部、名古屋大学21世紀COE「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」、日本生物工学会中部支部、名古屋大学、名古屋大学21世紀COE「自然に学ぶ材料プロセッシングの創成」

各回プログラム

詳細はこちら

日時:2014年11月6日(木)13:10~17:55 (懇親会18:00~20:00)

会場:九州大学国際ホール(箱崎・理系キャンパス、留学センター1階)
〒812-8581 福岡市東区箱 崎6-10-1 九州大学箱崎地区構内(下記55番)
(http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hakozaki/hakozaki.html)

主催:糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会

共催:九州大学大学院農学研究院、日本化学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、バイオインダストリー協会、グライコフォーラム

協賛:高分子学会、水谷糖質科学振興財団、積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム 他

プログラム:(各座長は、交渉中)

詳細はこちら

第7回多糖の未来フォーラム(大阪)

会告

 

日時:2013年11月1日(金)13:00〜17:30 (懇親会17:40~19:30)

会場:公立大学法人大阪府立大学I-siteなんば2階カンファレンスルーム

交通:大阪市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅より徒歩2分

http://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/map/index.html

 

主催:糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会

共催:日本化学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、バイオインダストリー協会、グライコフォーラム、

協賛:高分子学会、水谷糖質科学振興財団、積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム

開催助成金:水谷糖質科学振興財団、積水化学 自然に学ぶものづくり研究助成プログラム

(共催、協賛、および助成金は申請予定)

 

趣旨:

「多糖の未来フォーラム」は、日本化学会(糖鎖化学研究会)が呼びかけて、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会が結集するとともに、関連諸学会・団体のご協力も得て、平成18年に発足した。多糖を通じて、我が国の学術と産業の強力な推進を図るとともに、関連分野の相互の交流を活発化し、多糖の重要性と魅力を現代社会に広く訴える活動を行っている。

詳細はこちら

第6回多糖の未来フォーラム


日時:2012年11月2日(金) 13:00〜

会場:慶應義塾大学理工学部厚生棟(16A棟)3階会議室

主催:糖鎖化学研究会、日本応用糖質科学会、セルロース学会、

日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会

開催趣旨

「多糖の未来フォーラム」は、日本化学会(糖鎖化学研究会)が呼びかけて、日本応用糖質科学会、セルロース学会、日本キチン・キトサン学会、シクロデキストリン学会が結集するとともに、関連諸団体のご協力も得て、平成18年に発足した。多糖を通じて、我が国の学術と産業の強力な推進を図るとともに、関連分野の相互の交流を活発化し、多糖の重要性と魅力を現代社会に広く訴える活動を行っている。

多糖は、太陽の恵みを受けて地球上で大量に生産・利用・分解されており、人類にとって必須の食糧資源・生活資源・産業資源・創薬資源・エネルギー資源として役立っている。資源としての多糖をいかに有効に活用していくか、また多糖に秘められている多様な機能をいかに探求していくかに着目して、交流を深めてきた。

近年とくに、科学者・技術者は、専門の枠や産業の枠を超えて、地球的規模の問題や人類生存の課題について、意見を交換し、学術・産業を推進していくことが要請されている。「食糧と、材料と、創薬」という異なった多彩な多糖分野の課題をかみ合わせていくことの重要性がますます高まっている。

第6回多糖の未来フォーラムは、慶應義塾大学にて開催する運びとなり、多糖の未来フォーラムに相応しい多糖研究者に講演を依頼している。多岐にわたる多糖分野をさらに発展させるべく、多糖の面白さを分かりやすくアピールするとともに、人類の豊かな生存を実現できる「大いなる多糖の可能性」について、討論を深めていきたい。多糖に関心をもたれる大勢の皆様方にご参加いただきたくお待ちしております。

 多糖の未来フォーラム運営委員会

委員長 小林一清

  詳細はこちら