行事

【関東支部主催】ミニシンポジウム — セルロースの未来を拓く若手研究者達Ⅵ  2021/3/2

関東支部ではセルロース分野の研究の活性化のため、毎年支部のミニシンポジウムを開催しております。このところは今後が期待される若手の研究者を中心に話題提供を頂き、議論を行ってきています。

本年も、下記により開催致しますので、皆様の振るってのご参加をお願い致します。

主   催 セルロース学会関東支部
日   時 2021年3月2日(火)13:30~16:35
場   所 オンラインZoom配信
参 加 費

無料

プログラム

13:30-13:35 あいさつ 関東支部長

 

13:40-14:20 1分子計測で見た高分子結晶の酵素分解  中村彰彦

               静岡大学農学部 応用生命科学科 テニュアトラック准教授

 
14:20-15:00 イオン液体を活用した多糖材料の創製 鈴木 栞

               東京大学大学院 農学生命科学研究科 日本学術振興会PD特別研究

 
休憩  15:00-15:10

15:10-15:50 植物細胞壁中のリグニン-キシラン複合体の単離とその酵素分解 高 相昊

               信州大学総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻 D3

 
15:50-16:30 変性セルロース及びナノセルロース利用技術の現状と将来展望 中谷 丈史

               日本製紙株式会社 研究開発本部CNF研究所 主任研究員

 
16:30-16:35 閉会の辞

参加申込方法 下記の連絡先に、①氏名、②所属、③メールアドレス、④参加者種別(正会員、学生会員、非会員)を明記の上お申し込みください。参加費は、無料です。

TU

02

Mar 2021

参加申込
問合せ先
東京大学農学生命科学研究科 齋藤継之
メール: saitot*g.ecc.u-tokyo.ac.jp  
*をアットマークに変えて送信下さい。