行事

【協賛】エコマテリアル研究会「プラスチックの取り巻く環境を俯瞰する」 2019/3/1

昨今、マイクロプラスチックに代表される難分解性プラスチックにより生じる地球環境問題が特にクローズアップされ、多くの議論や取り組みが行われています。「生分解性プラスチック」は解決策の一つと考えられている一方、全く解決策にはならないという意見もあります。対して、植物バイオマスを出発原料として生産される「バイオマスプラスチック」は、本当に実用化され、持続可能な物質社会の構築に貢献するのか、様々な議論もなされています。今回は、プラスチックの取り巻く環境を様々な観点から俯瞰し、事実関係を整理し、本質的な問題が何であるかをしっかり見極めるための議論の場を提供します。さらに、学生及び若手研究者によるポスター発表も行い、優秀な発表にはポスター賞を授与します。環境にやさしいプラスチックの研究開発に直接携わっておられる方はもとより、この分野にご関心をお持ちの方々の交流の場として活用いただけますよう、多くの方々のご参加をお待ちしております。
詳細は、次の資料をご参照ください。

主   催 高分子学会 エコマテリアル研究会
協   賛 日本化学会、セルロース学会、日本生物工学会、繊維学会、日本木材学会(予定)
日   時 平成31年3月1日(金) 12:55 - 17:30
場   所 東京大学農学部弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
東京メトロ南北線東大前駅(南北線)徒歩1分
東京メトロ千代田線根津駅(千代田線) 徒歩8分
プログラム

12:55 – 13:00 はじめに(運営委員長挨拶)          群馬大学 粕谷 健一

 

13:00 – 13:40
1.バイオマスプラスチックに関する環境省の施策動向
環境省 環境再生・資源循環局 佐川 龍郎

 

13:40 – 14:20
2. バイオエコノミーというトレンド、エコマテリアルとの重なり
NEDO・技術戦略研究センター 藤島 義之

 

14:20 – 15:00
3. 海洋プラスチック問題〜各国の法的枠組み・循環型経済の最新状況〜
JAMSTEC 島村 道代

 

15:00 – 16:15 ポスターセッション

 

16:15 – 16:45
4. バイオマスインキへの取り組みのご紹介 ~パッケージングの未来に向けた環境調和~
東洋インキ 丹羽 紀人

 

16:45 – 17:15
5. バイオ由来化合物 “β-ファルネセン”を活用した新規ポリマーの開発と商業化
クラレ 平田 恵

 

17:15 – 17:30  表彰・閉会の挨拶

 

FR

01

Mar 2019

参加申込
問合せ先
高分子学会 18-3エコマテリアル研究会係
TEL: 03-5540-3770
E-mail: jigyo[@]spsj.or.jp [ ]を外してください。