お知らせ

産総研イノベーションスクール生(ポスドク)募集

職種 産総研特別研究員(ポスドク)
募集人員 20名程度
応募方法および
必要書類
(エントリーサイト:https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/PD_course/entry.html
①エントリーサイトから必要書類をダウンロードして下さい
履歴書、自己アピール票、業績リスト、誓約書、肖像、個人情報及び著作物使用同意書、博士号取得を証明する書類(学位記の写し等)又は取得予定証明書の写し、産総研受入責任者の確認書(面接時までの提出で可)
②エントリーサイトからエントリーすること
③メールでご案内する提出方法に従って応募書類を提出すること
締め切り エントリー: 2022年1月4日(火)14:00まで
応募書類提出: 2022年1月5日(水)14:00まで
問合せ先 国立研究開発法人産業技術総合研究所 イノベーションスクール事務局 採用窓口
メールアドレス: school-saiyou-ml[@]aist.go.jp []を外してください
ホームページ:https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/index.html

【教員公募】 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 高分子材料学研究室

職種 特任助教
募集人員 1名
所属および
勤務場所
東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻
専門分野 環境循環型高分子、物性・構造解析、生分解性
担当講義・演習
実験
1)研究領域:高分子材料学、環境循環型高分子、高分子構造に関する領域
2)教育:
(学部)生物材料化学実験、生物材料物理学実験、生物材料生物学実験、生物素材化学実験Ⅰ・Ⅱ、バイオマス科学実習、生物素材化学実習、生物素材化学演習
(大学院)生物材料科学特別実験I・Ⅱ、生物材料科学演習、生物材料科学特別演習
 なお、上記に加えて、生物素材化学概論や教養学部前期課程の講義をオムニバスで担当して頂くことがあります。
応募資格等 1)博士の学位を有すること。
2)高分子材料学の研究分野において優れた研究業績を有し、学生の教育・研究指導等を積極的に行えること。
3)環境循環型高分子の成形加工・基礎物性評価・構造解析・生分解性評価を中心とした、高分子材料学の基礎および応用研究を積極的に展開・推進することができること。
4)上記業務内容の2)項に掲げた講義・演習を担当できること。
着任時期 令和4年4月1日
応募方法および
必要書類
1)履歴書(東京大学統一履歴書を以下のURLからダウンロードし作成すること。)
 http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html
2)研究業績(学位論文、原著論文、総説、著書、受賞、その他)
3)教育業績(これまでの学生実験や学生指導経験など)
4)社会貢献(学会活動、委員会活動等)
5)競争的資金の獲得状況
6)主要論文の別刷、5編以内(それぞれ200字程度の要約を添付)
7) これまでの研究概要(1000 字程度)
8) 着任後の研究方針(1000 字程度)
9) 教育計画と抱負(1000 字程度)
10) 自己の研究・教育経歴等について評価できる方2名の氏名、職名及び連絡先
締め切り 令和3年12月17日(必着)
その他

詳細は こちらをご参照ください。

【教員公募】 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 製紙科学研究室

職種 教授
募集人員 1名
所属および
勤務場所
東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻
専門分野 セルロース科学・製紙科学
担当講義・演習
実験
1)研究領域:製紙科学・セルロース科学に関する領域
2)教育:
(大学院)セルロース科学特論I、セルロース科学特論II、生物材料科学特別実験I、生物材料科学演習、生物材料科学特別実験Ⅱ、生物材料科学特別演習 ほか
(学部)生物素材化学概論、セルロース科学、基礎物理化学、界面科学、バイオマス利用学概論、生物材料化学実験、生物材料物理学実験、生物材料生物学実験、生物素材化学実験Ⅰ、生物素材化学実験Ⅱ、バイオマス科学実習、生物素材化学実習、生物素材化学演習、卒業論文(生物素材化学専修) ほか
なお、上記に加えて、教養学部前期課程の講義を担当して頂くことがあります。
応募資格等 1)博士の学位を有すること。
2)製紙科学・セルロース科学の研究分野において優れた研究業績を有し、学生の教育指導等を積極的に行えること。
3)木材利用拡大を目的として、セルロース科学の基礎と応用を中心とした製紙科学の研究領域の応用研究を積極的に展開・推進することができること。
4)上記、業務内容の2)項に掲げた講義・演習を担当できること。
着任時期 令和4年4月1日
応募方法および
必要書類
1)履歴書(東京大学統一履歴書を以下のURLからダウンロードし作成すること。)
 http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html
2)研究業績(著書、原著論文、総説、その他)
3)教育業績
4)社会貢献(学会活動、委員会活動等)
5)競争的資金の獲得状況
6)主要論文の別刷、5編以内
7)これまでの研究概要(1000 字程度)
8)着任後の研究方針(1000 字程度)
9)教育計画と抱負(1000 字程度)
10)自己の研究・教育経歴等について評価できる方2名の氏名、職名及び連絡先
締め切り 令和3年12月24日(必着)
その他

詳細は こちらをご参照ください。

【主催】セルロース学会西部支部 2021年度セルロース学会西部支部セミナー 
「植物原料多糖の潜在的機能と実用化」(2021/11/26)

セルロース学会西部支部では今回、「植物原料多糖の潜在的機能と実用化」と題して、4名の講師による講演会を企画しました。前半は植物由来の素材を活用した構造材料に関して、植物由来樹脂と汎用樹脂からの世界最高クラスの衝撃強度を実現するバイオ樹脂アロイ(講演1)について、またCNFとバイオ樹脂との京都プロセスによる高度複合化技術(講演2)についてお話をいただきます。後半は、多糖原料を利用した機能材料に関して、「竹のカスケード利用」をKey-pointとした電気二重層キャパシタ電極材料(講演3)について、またスーパー保湿機能材料である「熊本に固有に生息するスイゼンジノリ」(講演4)についてお話をいただきます。是非、御参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。詳しくは申込方法をご覧ください。

 

申込〆切:2021年11月19日(金)

 

詳細はPDFをご覧下さい。

 

 

【教員公募】 宮崎大学工学教育研究部 教授または准教授(1名)

職種 教授または准教授
募集人員 1名
所属および
勤務場所
宮崎大学工学教育研究部(応用物質化学プログラム担当)
専門分野 生物物質化学分野、特に、生体高分子材料、生命情報科学、 または生物有機化学
応募資格等 博士の学位を有すること
着任時期 令和4年4月1日
締め切り 令和3年11月24日(必着)
その他

詳細は、こちらをご参照ください。