お知らせ

【第28回年次大会】更新情報:発表に関する留意事項

口頭発表・ポスター発表に関する留意事項を更新しました。

2021.09.14

2021年度セルロース学会各賞ならびに林治助賞の推薦募集

2021年度セルロース学会各賞ならびに林治助賞の推薦募集を下記の要領で行います。
会員は、各賞の候補者を学会所定の推薦書を用いて推薦することができます(自薦可)。
多数の方のご推薦をお待ちしております。

 

【推薦方法】セルロース学会所定の推薦書にご記入の上、電子ファイルにて、
下記送付先までメールにてご提出下さい。
また、主要業績6報(奨励賞の場合は3報)の電子ファイルも合わせて、ご提出をお願いします。

ご推薦にあたっては、Cellulose Communications Vol.28, No.3 (2021)の
「セルロース学会表彰規程」「セルロース学会表彰内規」「セルロース学会林治助賞
基金運用規程」をご参照下さい。

なお、奨励賞につきましては、大学院博士後期課程にて学位取得の場合、
当該年度において学位取得から原則として3年が経過しており、
学位論文とは異なる、あるいは更に発展させた研究内容について表彰することとします。

 

【募集期間】2021年9月1日(水)〜11月30日(火)

【問い合わせ先および送付先】
セルロース学会渉外担当:田島 健次
E-mail: ktajima[@]eng.hokudai.ac.jp ([@]から[ ]を外してください)
Tel:011-706-6603; Fax:011-706-6603

「セルロースのおもしろ科学とびっくり活用」の無料頒布について

セルロース学会が講談社より発行しております「セルロースのおもしろ科学と
びっくり活用」につきまして、中学・高校への無料頒布を行います。
ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

セルロース学会 庶務委員長 九州大学 北岡 卓也 宛
E-mail: tkitaoka@agr.kyushu-u.ac.jp(@を小文字の@に変更してください)

ICC2022+1のお知らせ

2022年10月12日~14日開催予定でした”ICC2022″は、1年延期となり、2023年9月26日~29日に
“ICC2022+1″として開催されることが決定しました。
詳細は、HPのInternational Cellulose Conferenceのページの1st CIRCULARをご参照下さい。

2020年度学会各賞・林治助賞の受賞者が決まりました

2020年度学会各賞・林治助賞の受賞者が下記のように決定しました。受賞者の方々おめでとうございます。

 

【学会賞】

氏 名: 宇山 浩(大阪大学 大学院工学研究科)

業績題目: 階層・界面構造の精密制御によるセルロースを基盤とする機能材料の創製

 

氏 名:矢野 浩之(京都大学 生存圏研究所)

業績題目:セルロースナノファイバー複合材料の創製と社会実装

 

【功績賞】

氏 名: 磯貝 明 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)

業績題目: 基礎科学に立脚したセルロースナノファイバー研究の展開とセルロース学会の活動に対する貢献

 

【技術賞】

氏 名:大村雅也、小林慧子、牧野純子(株式会社ダイセル ヘルスケアSBU)

業績題名:  酢酸セルロース真球微粒子の開発と化粧品への応用

 

【奨励賞】

氏名:藤澤秀次(東京大学 大学院農学生命科学科)

業績題目:Pickeringエマルションを起点とするナノセルロースとプラスチックの複合化

 

【林治助賞】

氏名:寺本好邦(京都大学 大学院農学研究科)

業績題目:セルロース誘導体からのメカノクロミック材料の創製と国際活動の推進

 

(敬称略)

備考

なお、授賞式、受賞講演は、第28回年次大会2日目(10/1)に実施の予定です。