行事

【御祝い】京都大学杉山先生が2020年春の紫綬褒章に!

セルロース学会の現副会長であり、京都大学教授である杉山淳司先生が、木質科学に関す
る基礎研究を対象に2020年春の紫綬褒章を受章されました。先生は電子顕微鏡や原子間
力顕微鏡、小角X散乱測定などの技術を用いてセルロース結晶の可視化やミクロフィブリ
ルの生成機構を提唱されており、広く木質科学分野において従来の概念を変える新しい学
術展開をもたらした業績が認められたものです。セルロース学会にて長年に渡る研究の振
興だけでなく運営の面でも多大な貢献をいただいております先生の今回の受賞につきまし
て、セルロース学会として心より御祝いを申し上げます。

 

セルロース学会会長 小野 博文