行事

2020年度学会各賞・林治助賞の受賞者が決まりました

2020年度学会各賞・林治助賞の受賞者が下記のように決定しました。受賞者の方々おめでとうございます。

 

【学会賞】

氏 名: 宇山 浩(大阪大学 大学院工学研究科)

業績題目: 階層・界面構造の精密制御によるセルロースを基盤とする機能材料の創製

 

氏 名:矢野 浩之(京都大学 生存圏研究所)

業績題目:セルロースナノファイバー複合材料の創製と社会実装

 

【功績賞】

氏 名: 磯貝 明 (東京大学 大学院農学生命科学研究科)

業績題目: 基礎科学に立脚したセルロースナノファイバー研究の展開とセルロース学会の活動に対する貢献

 

【技術賞】

氏 名:大村雅也、小林慧子、牧野純子(株式会社ダイセル ヘルスケアSBU)

業績題名:  酢酸セルロース真球微粒子の開発と化粧品への応用

 

【奨励賞】

氏名:藤澤秀次(東京大学 大学院農学生命科学科)

業績題目:Pickeringエマルションを起点とするナノセルロースとプラスチックの複合化

 

【林治助賞】

氏名:寺本好邦(京都大学 大学院農学研究科)

業績題目:セルロース誘導体からのメカノクロミック材料の創製と国際活動の推進

 

(敬称略)

備考

なお、授賞式、受賞講演は、第28回年次大会2日目(10/1)に実施の予定です。